0

    JUGEMテーマ:おすすめの一本!!(邦画)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    警察官と、女子高生が

     

     


    結婚するお話☆

     

     


    映画 PとJK

     


     

    映画 PとJK 特報


    皆さん、こんにちは!

     

    マリータです。

     

    訪問ありがとうございます。

     

    今回も最近観た映画について、
    書きたいと思います。

     

    タイトルは、

     

    PとJK

     

    たまたまレンタルで、
    目に付いたものを借りてみました。
    内容は少女コミックの実写化映画。
    そういえば、映画館に行ったときに、
    聞いたことあるなって思った
    タイトルでしたので。

     

    あらすじ

     

    (wiki様を参考にしました。)

     

    友達の姉が企画した合コンに
    人数合わせで駆り出され、
    年齢と身分を偽って参加した、
    高校1年生の歌子。そこで出会った
    功太といい雰囲気になるが、
    歌子が高校生だと分かると、
    途端に態度を急変させ去っていった。

     

    後日、歌子は警察官の
    制服姿の功太と再会するが、
    功太は歌子を冷たくあしらう。
    親友に傷心を慰めてもらい、
    帰りが遅くなった歌子は、
    変質者に襲われかけ、
    仕事中の功太に助けられる。
    完全に功太に恋に落ちてしまった歌子は、
    積極的にアタックし、やがて
    その思いが通じるが、
    仕事柄、未成年との交際に
    問題が生じるため、
    2人は結婚することになる。

     

    ☆☆☆

     

    物語☆

     

    ネタバレあり☆

     

    ヒロインのカコは、
    函館で暮らす高校2年生。
    ある日、夕方から親友の
    ミカドに誘われ、人数合わせのために
    ミカドの姉が参加する合コンに
    22歳の女子大生という設定で
    無理やり参加させられていた。
    カコは、合コンということを
    知らなくて、会場外で、
    怖気ついていた。

     

    合コンで、カコとミカドが
    男性陣からお酒を注がれ、
    未成年なので、飲むわけにも
    いかず困っている時、
    それを見ていた男性が突然現れ、
    二人分の酒を代わりに飲んでくれた。
    面白くなさそうにみる酒を勧めた男性。

     

    カコはうれしそうにお礼を言った。
    それが、カコにとって初めて
    功太と出会いでした。

     

    合コン終了後、カコは終電があるため
    2次会を断って、功太にお礼だけ
    言って帰ろうとしたら、
    功太が送ってくれることになった。
    功太に手を取られ、走って近くの
    路面電車の駅まで向かったが、
    終電を逃してしまった。

     

    その後二人は、歩きながら色々話し、
    近いうちに二人で会おうか?と話になり、
    良い雰囲気となったが、カコが
    16歳であることを打ち明けてしまうと、
    「クソガキ!早く家に帰れ!」と、
    急に功太の態度が厳しい
    口調に豹変したのだった。
    ロマンチックな雰囲気から急転して
    叱られたカコは、路地裏へと一人走って行った。

     

    しかし、路地裏でたむろしていた
    地元のヤンキーに絡まれてしまう。
    そこへ、追いついてきた功太は、
    カコを庇ってヤンキーたちと対決する。
    その場には功太が常日頃から
    何度も問題児として指導していた
    大神平助の姿もあった。

     

    功太は、警察手帳を取り出して、
    救援を要請するが、大勢に襲われてしまう。
    突然、大神が功太にスケボーで
    殴ろうとしたが、カコは瞬時に功太をかばい、
    カコは額に大怪我をして、
    そのショックから気を失ってしまった。

     

    場面は切り替わり病院へ。
    その夜、カコの両親に事情を説明する功太。
    目が覚めるのは次の日と聞かされ、
    両親は帰宅。しかし功太は一人病院に
    残ってカコに付き添うことにした。

     

    やがて、カコが目覚めると、
    功太は、カコに本音を吐露する。
    「君とは付き合えない。なぜなら
    女子高生と警官という
    立場の違いがあるから」と説明した。
    未成年なので付き合えないというのだ。

     

    その言葉にカコは、「子供
    扱いしないで!」と怒り出す。
    カコは、功太を帰らせようとするが、
    突然功太は部屋から出る寸前に、
    「カコちゃん、結婚しようか」と
    言い出すのだった。

     

    退院後、しばらくするとカコは
    学校にも通い始めた。
    大神は、自宅謹慎処分になったという。
    そして、功太はカコとの
    結婚を認めてもらうために、
    本谷家の両親に挨拶に来た。

     

    カコの両親は突然の結婚話に
    動揺を隠せない様子。
    怒るカコの父親。
    結局その日は何の進展もなく
    功太は本谷家を後にした。
    その日の帰り道、功太はカコと
    次の日曜日にデートの約束をするのでした。
    カコはプロポーズの理想の
    シチュエーションを言っていて、
    そのことを功太は覚えているのでした。

     

    そして、日曜日のデートの日。
    カコと功太は、海沿いのカフェまで
    ドライブに出かけ、
    功太はカコに防犯ベルを
    プレゼントしました。

     

    その後、功太はカコの父と
    じっくり二人きりで話し合いました。
    動揺を隠せない父親。
    功太を殴って気を済ませます。
    最終的にはカコの高校卒業後まで、
    「通い婚」「子供は作らない」
    という条件で、結婚への承諾を得たのだった。

     


    ある日、功太はカコに
    結婚指輪を手渡し、
    観覧車の上であらためてカコに
    プロポーズした。以前、
    カコが求めていたプロポーズの
    シチュエーションを
    覚えていてくれたのだ。

     

    そこから、二人の結婚生活が始まった。
    翌朝以降、カコは功太の家に立ち寄り、
    朝食を作ってから学校へと通うことになった。
    結婚指輪は、ネックレスにして
    肌身離さず身につけることにしていた。
    友達に見せたかったのだ。

     

    二人の結婚を知るものは、
    カコの親族とミカド、
    功太の勤務する派出所の上司までにして、
    学校では秘密にしていたのでした。

     

    休日は、一通りの家事を
    しっかりとこなしつつ、
    手の空いた時は夜勤用の弁当も作って
    職場に届けるなど、精力的に妻としての
    務めを果たそうとするカコだった。
    交番の上司の分も作る心意気は
    カコらしいなと思った。

     

    しかし、功太が夜勤勤務になったりと、
    二人の生活は、すれ違いに
    なることも多かった。
    時に、30時間くらい寝てなかった時には、
    疲れてフラフラになった功太は、
    カコのラブラブアタックにも気づかず、
    お互い違った意味で、
    無口で不機嫌になるのだった

     

    あるとき、カコは、派出所で、
    功太の過去を聞くことになる。
    実は、知り合ってまだ間もない二人。
    電撃結婚したので、お互いの
    過去についてよく知らなかった。

     

    あるとき派出所にお弁当を持ってき来たとき、
    カコは、派出所で功太の上司、山本に
    ヤンキー時代の功太の写真を見せられる。

     

    その時、功太の高校時代の
    ある悲劇も聞かされた。

     

    実は、功太の父も警官だったが、
    連続殺人事件の捜査中、
    功太の目の前で犯人に刺され、
    殉職してしまった。
    その時のトラウマを持ったまま、
    功太は警察官になろうと決意。

     

    場面は変わり赤レンガが美しい
    場面に切り替わります。

     

    ある日、買い物中に、きぐるみ姿の
    バイト中の大神と偶然出会い、
    大神と話し込んでいる所を功太に見られてしまった。
    二人きりになった時にカコは功太から
    「人を見る目がまだない!」と叱責され、
    二人は結婚後初めての喧嘩をしたのだった。

     

    文化祭の準備、大神との交流

     

    季節は秋。学校では学園祭の準備が始まり、
    みんな学際の準備でにぎやかでした。
    停学中だった大神も復帰。
    学際の係りを決める投票の際、
    カコはクラスで浮いていた大神を
    衣装デザイン係に誘ってみた。

     

    実は大神は、家庭の問題を
    抱えていたのでした。

     

    母親の愛人からの度重なる暴力と、
    借金の肩代わりで、いつも生傷が
    絶えない毎日だったので、
    学校どころではなかったのだが、
    大神はカコやミカド、
    二郎らと交流する中で、
    少しずつ心を開くようになっていた。

     

    文化祭の準備期間中は、
    カコと功太は完全にすれ違い
    生活になっており、
    何日も会えない日が続いていた。

     

    カコは学園祭の準備で忙しく、
    功太はハードな夜勤シフトで
    家に帰れなかったのだ。
    功太は、ある日勤務の合間を縫って、
    学校近くに車を停めて、カコと話をした。

     

    すれ違い生活のストレスや、
    不器用で口下手な功太との
    コミュニケーション不足もあって、
    カコは功太との結婚生活が
    本当にできるのか?不安をあらわにします。
    その日も、結局署から功太に連絡が入り、
    功太は仕事へ戻ります。

     


    学園祭の前日、大神は朝から
    母の愛人に暴力を受けてしまい、
    家は荒れ放題。
    学校にさえ行けない状況だった。
    近所の通報を受けて、
    功太が家の中に入ると、
    家の中はめちゃめちゃに
    なってしまっていた。

     

    功太は、事情聴取のため
    大神の母の愛人を署へと
    任意同行しました。

     

    一方、朝から学校に来ない大神を
    心配したカコ、ミカド、二郎は、
    放課後になってから大神の家を
    見に行くことになりました。

     

    三人は、大神を気遣い、
    荒れた部屋の後片付けを手伝いながら、
    翌日の学園祭は必ず来てほしいと念押しした。
    実は、退学届を出していたのだ。

     

    学園祭の当日、功太はお忍びでカコの
    学校にきていたが、ミカドに見つかってしまい、
    学ランに着替えさせられてしまった。
    その格好のまま、カッパ姿の
    カコとしばらく校内デートを楽しんだ二人。
    功太とカコはいい感じになるも、
    いつもいいところで、キスができない
    もどかしさもあるが、功太は
    自制心を抑えているのも笑えました。

     

    夕方になり、文化祭に大神の
    昔のヤンキー仲間が大神を見つけてしまう。
    代わりにカコを拉致してしまい、
    彼らのたまり場となっている
    バーに拉致してしまった。

     

    カコが連れ去られたことに気づいた
    大神と功太は、ヤンキー仲間の
    たまり場にカコを救出しようとした。
    功太が現場に到着すると、
    バーの出入り口付近で
    他の警察メンバーも、
    功太の合図でいつでも
    突入できる体制を整えていた。

     

    カコも防犯ブザーを鳴らして助けを呼ぶけど、
    功太の突入合図が遅れてしまい、
    ヤンキー仲間を警察部隊が
    全員取り押さえる前に、
    功太はヤンキーの一人に
    腹を刺されてしまったのだった。

     

    その後、功太が入院する病院で、
    付きそうカコに、ミカドたちも
    駆けつけてくれた。
    結局、その日は徹夜で看病していたが、
    功太の目が覚めたのは明け方近くだった。

     

    目が覚めた功太に対して、不安と混乱が
    収まらないカコは、功太を責めてしまった。
    そして、「重すぎる。もう結婚生活を続けられない」と
    言い残して、結婚指輪を功太の
    枕元に置いて、病室を後にした。

     

    それからしばらく、カコの両親は、
    カコを気遣っていてか、
    何も言わなかったが、カコは
    普通の高校生活に戻っていた。
    そして、功太もまた以前のように
    一人暮らしに戻っていた。

     

    物語終盤、二人がもう一度
    復縁するきっかけが訪れます。
    カコの学校で防犯対策の講演会が
    開かれたのでした。
    そこに功太がやってきていたのです。

     

    体育館で行われた講演会終了前の
    最後の質問タイムの時に、
    ミカドが「なぜ敢えて危険な
    警察官を続けているのか」という
    質問に対して、功太が「ある大事な人から、
    命を大切にすることを学んだ」と、
    答えて、カコの胸は熱くなった。
    その後二人は、結婚を決意します。

     

    ☆☆☆

     

    普段観るような映画ではなかったのですが、
    たまたま借りてみたら、
    功太がいきなり一目ぼれで結婚とか、
    少女コミック的な展開で、
    ありえんだろうと思いましたが、
    これは、これでも白かったかな?って、
    思った作品ですね。
    良かったら観てみてくださいね☆

     

    0







       
      可愛くて、





      最悪





      映画





      おんなのこ





      きらい





      (動画)おんなのこきらい

      予告編

      皆さん、こんにちは!

      マリータです。

      訪問ありがとうございます。


      今回も最近観た映画について
      書きたいと思います。


      タイトルは、

      おんなのこきらい


      ポップなジャケットで、
      かわいらしいなって
      思ったのが、借りるきっかけ。

      主人公の女の子は、
      見た目はやっぱり可愛い。
      自分が可愛いと思いこんでいる。
      同僚の女性社員には
      嫌われているけど、
      上目づかいで、男を誘惑したり、
      それを知っていてやっているので、
      性格悪い女だなと思ったな。(笑)
      しかし悪女である彼女が、
      どんどん敵を薙ぎ払う物語かと
      思いきや、人間関係に悩む
      普通の女の子だなって思いました。

      以下映画.comより引用。

      解説

      人気モデルで女優の森川葵が
      主演を務め、かわいいことが
      女の価値だと信じる
      主人公キリコの恋愛を通し、
      女心をポップかつ
      毒気を含んで描いた一作。

      26歳の新鋭監督・加藤綾佳が
      メガホンをとり、気鋭の監督と
      アーティストがコラボレーションした
      作品を上映する「MOOSIC LAB 2014」で
      準グランプリ、観客賞、
      最優秀女優賞、男優賞を受賞した。

      ルックスは抜群だが性格は
      最悪のOL・キリコは、
      かわいい食べ物を過剰摂取しては
      吐く過食症の女子。
      職場では男たちにちやほやされ、
      女子社員には嫌われているが、
      女の子の価値はかわいいことが
      全てと信じるキリコはどこ吹く風。
      そんな彼女は、バーで働く
      ユウトと友だち以上恋人未満の
      煮え切らない状態が続いていたが……。

      主題歌や劇中歌を3人組
      エレクトロポップユニット
      「ふぇのたす」が担当。

      キャスト

      森川葵

      木口健太

      井上早紀

      谷啓吾

      松澤匠

      ☆☆☆

      以下はネタばれ感想。

      ヒロインは、悪女で
      我の強いメンヘラの
      女の子を演じると
      思っていたのだけど、
      彼氏と思っていた相手には、
      好きな人が出来たりして、
      人間関係に悩む、普通の
      女の子を演じているので、
      ちょっとがっかり感。
      何が言いたい映画
      なんだろう?って
      思いました。

      監督さんは、まだまだ27歳くらいの
      若い女性監督さんらしいので、
      なんとなく、納得はしました。
      着眼点は面白いと思うよ。

      ヒロインのキリコは、
      美人で可愛いのですが、
      自分が可愛いと思いこみ、
      「私可愛いですから」と
      その可愛さを武器にして生きている。

      職場での人間関係が悪く
      なろうが、可愛いが
      女のすべてだと
      信じて疑わない。
      過食症で部屋が汚い。
      ある意味聞く耳もたない性格。
      いや〜怖いな。

      自分は女性じゃないので、
      気持ちまでは分からないけれど、
      あまりにも「私可愛いですから」と
      ストレートに言うと、
      ドン引きしちゃうね。

      過食症で、食べては吐くの
      悪循環の生活を送る。
      ストレス発散の方法が
      食べる事のようです。

      あるときキリコは、
      デザイン会社勤務で、
      仕事先で同じ学校だった、
      幸太と出会う。
      キリコと幸太は
      専門学校時代の同級生だそうだが、
      キリコは幸太のことを知らない。
      反対に学校でも可愛いと
      噂されていたキリコのことを
      幸太は知っている。
      職人気質で、女性には
      あまりがっつかない様子。

      キリコは、BARの
      店員?のユウトを
      彼氏に持っている。
      ユウトはキリコの
      顔面至上主義にちょっと
      飽き飽きしてる。

      キリコとは、
      微妙な関係を
      保ち続けているが、
      あるとき、ユウトの働くBARに
      さやかという新人が入ってきて、
      ユウトは天然のさやかに
      メロメロになってしまい、
      キリコを捨てさやかとヤる。
      あるとき、嫉妬心丸出しで、
      さやかに飲み物を
      頭からかけてしまい、
      邪険なムードになるのだった。
      これを機に別れるのだろう。

      キリコが悪女で、
      コテンパンにする映画だと
      思ったけど、さやかに
      簡単に倒されてしまいました。
      人間関係に悩む、普通の
      女の子の映画になってる。

      失恋して髪の毛を切るという
      通過儀式のイベントもあり、
      これはさすがだなと
      思ったけど、
      いまいちテーマが
      つかめない映画だったが、
      登場する男性が
      つまらない男ばかりなので、
      タイトルの「おんなのこきらい」は、
      いい男がいないという、
      監督の皮肉だと感じた。

      いまいちオチが
      つかめない映画だったけど、
      次回作に期待したいですね^^

       

      にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
      にほんブログ村


       
      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
      無料ブログ作成サービス JUGEM

      ezカウンター
      サプライチェーンローン比較東京 社会保険労務士債券高校生バイトウェディング高収入バイトマイ単車ドットコム査定グッド.comユーズド単車.com
      にほんブログ村 イラストブログへ
      にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
      にほんブログ村 にほんブログ村 アニメ・漫画タッチ ☆マリータ日記掲示板 background: url1616BBS 無料レンタル掲示板no-repeat left top; background-position:0px ; } 初音ミク