0






     
    新たな戦乱を





    巻き起こした





    黒いガンダム





    その時、Zの鼓動が





    こだまする!





    君は時の涙





    をみる!





    機動戦士





    Zガンダム III





    −星の鼓動は愛−






    (動画)劇場版

    機動戦士zガンダム

    −星の鼓動は愛−

    劇場予告編 HD

    皆さん、こんにちは!

    マリータです。

    訪問ありがとうございます。


    今回は、最近観た作品に
    ついて書きたいと思います。


    タイトルは、

    機動戦士Zガンダム

    星の鼓動は愛


    言わずと知れた、
    ガンダムの正当な続編。
    その三部作の映画の
    最終章。


    Zガンダムの物語

    (WIKI様を参考にします。)

    宇宙世紀0087。
    一年戦争終結から
    7年後の世界が舞台である。

    ジオン公国軍に勝利した
    地球連邦軍は増長し、
    コロニーに対し、
    支配と圧力を強めていた。

    やがて連邦軍内部に
    「ジオンの残党狩り」を名目に、
    スペースノイドへの
    強権的制裁を加える
    エリート部隊「ティターンズ」が
    創設された。急速に勢力を
    拡大したティターンズに
    反発する一部の連邦軍人や
    スペースノイド達は、
    反地球連邦組織
    「エゥーゴ」を結成する。

    そして、その中にはかつて
    一年戦争でジオン公国軍の
    エースパイロットとして
    「赤い彗星」の異名を持つ
    シャア・アズナブルも、
    クワトロ・バジーナと
    名を変えて、エゥーゴの
    一員として活動していた。

    エゥーゴはティターンズの
    拠点であるサイド7の
    コロニー「グリーンオアシス」
    を襲撃、コロニーの住民
    カミーユ・ビダンが
    その戦闘に巻き込まれていく。

    劇中の物語はここから始まり、
    エゥーゴとティターンズの戦いを
    主軸に、地球連邦軍、
    さらにジオン公国軍残党の
    一部が結成した軍事組織
    アクシズの動きを
    絡めて描かれていく。


    解説

    原作者・総監督の富野由悠季が、
    新時代に向けて内容を一新した
    Zガンダム劇場版3部作の最終章。

    ティターンズ対エゥーゴの内戦や、
    旧ジオン軍の残党らによる
    複数勢力の激しい乱戦が、
    さらなる技術的進化を遂げた
    デジタル技術によって
    ダイナミックに一体化し、
    スピード感あふれる演出で
    スクリーンに映し出されていく。

    第1部からテーマ曲を手がけてきた
    Gacktの新曲や、衝撃の
    クライマックスが
    フィナーレを盛り上げる。


    あらすじ

    宇宙世紀0087年。


    連邦軍のエリート組織
    ティターンズと
    反地球連邦組織エゥーゴの
    内戦が激化する一方、
    クワトロ(シャア)、
    シロッコ、ジオン軍残党の
    指導者ハマーン・カーンらの
    対立によって戦局は
    混迷を極めていた。

    シネマトゥデイ

    ☆☆☆


    機動戦士Zガンダム

    星の鼓動は愛


    後半のゼダンの門の下りから、
    エゥーゴ、ティターンズ、
    アクシズの交渉および、
    決裂した三つ巴状態を描く。

    テレビ版よりテンポが速い上に、
    人物関係が難解なので、
    いつの間にか敵味方に
    別れているので、
    初めて観る人には、
    分かりにくいかもしれない。
    ザビ家の再興を目指す、
    アクシズのハマーンとは、
    交渉は決裂。
    ジュピトリスのシロッコは、
    ジャミトフを暗殺し、
    ティターンズを掌握。

    後半は、新たな作画が多く、
    MS戦が楽しめるかも。
    味方のカツや、ヘンケン艦長が
    死亡していき、
    カミーユは、追いつめられる。

    レコアが倒れて、
    追い打ちをかけた
    ヤザンのハンブラビを、
    ハイパー化した
    Zガンダムで撃破する
    シーンも懐かしかったです。

    グリプス戦争のカギを握るのが、
    コロニーレーザー。
    この戦争は、コロニーレーザーを
    奪う事で、戦場の主導権を
    奪う事が出来る。
    後半は、シャア、ハマーン、
    シロッコの三人の死闘。
    しかし、そこに至るまで、
    コロニーレーザーを
    手に入れる描写が、
    あまり無いのが残念。
    この部分は、クワトロの
    働きによるところが大きい。

    クワトロがこの戦争で絶望し、
    シャアに戻ろうとする
    描写があったら、
    もっとよかったのかもしれない。
    テレビ版のラストは、
    カミーユが絶望し、
    精神が崩壊してしまうことにより、
    悲劇的な最期だった。
    人類に絶望し、
    逆襲のシャアで、
    隕石落としをする方が、
    しっくりとくると思う。
    後のガンダムZZにも上手く繋がるし。

    この作品は、カミーユが、
    ラストでハッピーエンドを
    迎えられる、
    パラレルワールドと
    考えてみたらいいかもです。

    時間が無い人には、
    短時間で、Zガンダムを
    おさらい出来るので、
    オススメかもしれません^^

    にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
    にほんブログ村

    1






     
    私の名前好き?





    私は嫌い。





    4番目だから





    フォウなの。





    劇場版





    機動戦士





    Zガンダム





    恋人たち






    (動画)機動戦士ΖガンダムII

    恋人たち


    皆さん、こんにちは!

    マリータです。

    訪問ありがとうございます。


    今回は、機動戦士
    Zガンダムの三部作の
    二作目、恋人たちを
    紹介したいと思います。

    大ヒットとなった、
    ファーストガンダムの
    正当なる続編として
    作られた作品。
    ファーストの
    7年後が舞台で、
    エゥーゴ、
    ティターンズと別れた、
    地球連邦の内乱を描く。


    物語☆

    (動画より)


    「機動戦士Ζガンダム」の
    劇場化第二弾。
    ティターンズとエゥーゴの
    内戦の中、カミーユは
    神秘的な少女・フォウと
    地球で運命的に出会う。

    だが、彼女は敵の
    強化人間だった。
    フォウとの哀しみに
    満ちた戦いの果てに、
    宇宙に戻るカミーユ。

    そんなカミーユを待っていたのは、
    新型モビルスーツ
    "Ζガンダム"だった...。

    (c)創通・サンライズ

    ☆☆☆


    とにかくZガンダムは、

    物語が分かりにくい。


    今回紹介している
    恋人たちは、
    Zガンダムの中盤の物語。
    アムロが復活。
    地球に、主人公の少年、
    カミーユが下りて、
    強化人間のフォウという
    女の子と出会い、
    恋をしてしまいます。
    カツの、サラへの恋心
    等を描いてます。
    シロッコという
    男の存在で、
    心が揺れている
    レコアの描写も
    外せない。
    彼女は、シャアが
    好きだったのだろう。

    主役機のZガンダムも
    登場し、物語は
    盛り上がるけど、
    話がいまいちわかりに
    くくなってくるのが
    Zガンダムの物語。

    地球連邦内での内乱で、
    組織が分裂し、
    二つの組織があって、
    ジュピトリスの木星帰りの
    シロッコという
    男が登場したり。
    さらにネオジオンのアクシズが
    登場し、三つ巴になったり。

    政治色も強く、分かりにくいと
    批判が出たそうですが、
    劇場版は、必要な場面も
    あったけれど、シンプルに
    削って、見やすくなった
    イメージになってる感じです。
    ブレックスが殺害されたり、
    急展開しすぎだなって
    思ったのが、率直な
    感想です。

    観てて、思いだしたのが、
    変形モビルスーツが多いこと。
    モビルスーツも、
    ガンダムの魅力の一つ。
    主役機のZガンダムは、
    今でも色あせない
    魅力をもつ。
    Zガンダムは、
    ウェイブライダーに
    変形します。
    Zは、美しいなって思います。

    ハンブラビ、
    ギャプランや、
    ガブスレイなど、
    敵のモビルスーツも、
    変形をする時代。

    久しぶりに観てみたくなったら
    Zガンダムの劇場版を
    観てみるのも悪くは
    ないかもですが、
    テレビ版も久々に
    観てみたいなと感じました。

    にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
    にほんブログ村

    0






       
      再会は





      躍動する魂。





      とき放て"Ζ"!!





      劇場版 三部作☆





      『機動戦士





      Ζガンダム





      A New





      Translation





      -星を継ぐ者-』







      (動画)劇場版

      機動戦士Zガンダム

      −星を継ぐ者−

      劇場予告編 HD

      皆さん、こんにちは!

      マリータです。

      訪問ありがとうございます。


      今話題になってる
      ガンダムUC。
      ファーストガンダムから続く
      シリーズを宇宙世紀と言って、
      歴史が続いているのですが、
      UCは、逆襲のシャアの続編で、
      久々に面白いなと感じました。

      今回は、ガンダム
      シリーズでも
      もっとも人気の高い
      Zガンダムの劇場版を
      紹介したいと思います。


      タイトルは、

      劇場版

      機動戦士Zガンダム

      −星を継ぐ者− 劇場版


      「機動戦士ガンダム」から
      7年後の物語。

      様々なアナザーガンダムが
      ある中で、ガンダムの
      正当なる続編。

      物語の対立構造として、
      エゥーゴ(反地球連邦組織)vs
      ティターンズ(ジオン残党
      狩り名目の特殊組織)。

      どちらも発生元は
      地球連邦軍です。
      連邦軍の内部分裂に
      ジオン残党、民間人が
      参加した戦い。

      分裂理由はエゥーゴは
      スペースノイド
      (宇宙で生きる人々)の
      自由自治を掲げる集まり
      もしくは人類が争うこと
      自体を嫌う人が集まった組織、
      ティターンズはアースノイド
      (地球に住む人間、
      地球生まれの人間こそ)が
      人類を統率すべきという
      考えの持ち主が集まった
      過激な組織、以上反する
      思想の違いからやがて
      主権争いに発展した戦争です。

      主人公の少年、
      カミーユが
      ティターンズで
      新しく開発された
      ガンダムMk-兇
      奪うところから
      物語が始まる。
      彼の両親が目の前で
      殺されてしまう事件も
      発生。ティターンズの卑劣な
      やり方に賛同できない、
      エマもエゥーゴに寝返る。

      この対立構造が決定的に
      なったのがコロニー
      サイド1テキサスコロニーの
      30バンチ事件です。
      ティターンズが使用禁止の
      G−3と呼ばれる猛毒ガスを
      コロニーに注入し
      反地球連邦集会を行っていた
      人々を虐殺したことです。
      これを契機に双方が
      軍備を強化、そして
      エゥーゴによる
      ティターンズが開発した
      ガンダムMk−驚ゼ荳鄒錣
      開戦の口火を
      切ることになる。

      ☆☆☆

      機動戦士Zガンダムは、
      ガンダムの正当なる続編。
      その劇場版。
      Zガンダムの
      リアルタイム世代では
      無いのですが、
      本当に久しぶりにZを観て、
      やはりガンダムは
      面白いと感じました。

      劇場版のZガンダムの序盤、
      物語早く進み、
      大分省略されてますので、
      物語を知らない人には、
      ちょっと分かりにくい
      かもしれない。
      シロッコがいきなり登場したり、
      ライラがいつの間にか
      やられてしまったり。

      放映当時は、
      かつて一年戦争で、
      赤い彗星シャアと、
      アムロ対立していたが、
      今では一緒に味方として、
      戦って居るという構図が、
      理解不能だったようだ。

      カツにカツを入れられ、
      再起したアムロが、
      アウドムラという
      大型飛行機での下りで、
      シャアと再会するまでが
      描かれている。
      見どころはここかもしれない。

      アムロは、地球連邦に
      その能力を恐れられ、
      軟禁状態にされていたのだ。

      序盤の物語を
      大体の流れで
      楽しめるのが本作。
      クワトロがシャアと
      言う事も明かされる。

      登場するモビルスーツも、
      30年近く過ぎようとしても、
      色あせないのが
      凄いなと思います。

      二作目の恋人たちも、
      観てみて、記事を
      書きたいと思います。

      Zガンダムのテレビ版が
      長いなって思う人は、
      劇場版でおおまかな
      流れをつかむことも
      ありかなって思いました。

      にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
      にほんブログ村

      0






         
        嘘だと言ってよ!





        バーニィ!





        戦争とは、時に





        隣の人々で





        殺し合う事もある





        機動戦士ガンダム





        0080





        ポケットの中の戦争







        (動画)GUNDAM 0080

        ポケットの中の

        戦争 MAD

        【いつか空に届いて】

        皆さん、こんにちは!

        マリータです。

        訪問ありがとうございます。


        今話題のガンダムは、
        ガンダムU.C。
        エピソード7が、
        劇場公開されて、
        話題になってますね。
        逆シャアの時代の
        後の時代を描き、
        ミネバ・ザビや、
        ブライト艦長、
        プルトゥエルブ等が
        登場し、宇宙世紀
        好きな自分にとっては、
        とても鳥肌ものの作品です。

        ガンダムSEEDや、
        00ガンダムなど、
        沢山のアナザーガンダム
        シリーズが
        登場しましたが、
        ガンダムシリーズは
        やはり、宇宙世紀の
        ガンダムシリーズが
        好きですね。
        アースノイドと、
        スペースノイドの確執。
        そこから生まれた
        新たな思想。
        新たな政治団体。
        伝説となる、
        白いモビルスーツ。
        だからガンダムは、
        宇宙世紀が好きですね。

        今回は、宇宙世紀の
        ガンダム作品で
        とても感動した、
        作品を紹介したいと
        思います。


        タイトルは、

        機動戦士ガンダム0080

        ポケットの中の戦争


        ガンダムシリーズ初のOVA。
        全6話。富野由悠季以外が
        監督を務めた初の
        ガンダムシリーズ。
        監督に高山文彦を、
        キャラクターデザインに
        美樹本晴彦を
        それぞれ起用している。

        当時、逆襲のシャアの
        レンタルが好評だったので、
        制作が決定した、
        ガンダム初のOVA作品。

        主人公がパイロットでは
        なく普通の小学生であったり、
        モビルスーツによる
        戦闘シーンが少ない分、
        人間ドラマに置かれた
        比重が重いことなどが
        特徴として挙げられる。


        物語

        (wiki様を参考にします。)

        一年戦争末期、
        地球連邦軍が
        新型ガンダムを
        開発しているという
        情報を掴んだ
        ジオン公国軍の特殊部隊
        「サイクロプス隊」は、
        機体を奪取すべく
        北極の連邦軍基地を
        襲撃する。しかし
        作戦は失敗し、
        目標物は宇宙へ
        飛び立ってしまう。

        その後偶然入手した
        情報から、新型ガンダムが
        中立コロニーのサイド6へ
        運び込まれたと知った
        ジオン軍はサイクロプス隊を
        そこへ送り込み、再び
        新型ガンダムの奪取の
        任務に就かせる
        「ルビコン計画」を発動。

        新型ガンダム奪取作戦を
        縦糸に、サイド6・
        リボーコロニーに住む
        小学生アルフレッド・
        イズルハ(アル)と
        サイド6へ潜入した
        サイクロプス隊の新兵
        バーナード・ワイズマン
        (バーニィ)との
        関わりを横糸に、
        物語は展開していく。

        ☆☆☆

        舞台背景は、
        機動戦士ガンダムの
        一年戦争末期。
        地球連邦軍が
        新型ガンダムを
        開発しているという
        情報を掴んだ
        ジオン公国軍の特殊部隊
        「サイクロプス隊」は、
        機体を奪取すべく
        北極の連邦軍基地を
        襲撃する。

        最初にこの作品を観た時、
        主人公が小学生の
        アルという少年視点で、
        展開していくため、
        モビルスーツの戦闘シーンが
        あまりなくて、ちょっと
        退屈してましたが、
        アルの憧れのお姉さん、
        連邦のテストパイロットの
        クリスと、ジオンの
        バーニィが出会って、
        物語の下りで、
        お互い知らずに
        ガンダムと、ザクという
        モビルスーツに
        乗って、殺し合うという
        展開に切なさを感じて
        しまいました。

        視聴者は、
        第三者視点で、
        この物語を
        楽しめるわけだけど、
        実際には、戦争で
        お互いに殺し合うのは、
        隣に住んでる人同士
        かもしれないという作品で、
        泣けてしまう。

        クリスも、バーニィも、
        物語の途中で、
        戦うことは怖いと
        本音をアルに吐露する。

        アルも後半、
        自分のコロニーが
        ジオンに破壊される事を
        周りに伝えるが、
        信じてもらえず、
        子供のもどかしさを感じる。

        バーニィは、爆破される
        コロニーから
        逃げ出そうとするが、
        アルの説得を思いだし、
        ザクを修理するのを決断。
        アルと一緒に、ザクを
        修理する。

        連邦の新型ガンダムに
        最後の決戦に
        挑むことになるが…

        相手は、連邦の新型。
        手に仕込んでいる、
        ガトリングガンの威力に
        なすすべもなく、
        ザクは破壊され、
        バーニィは絶命する。
        アルは、ガンダムに
        乗っているパイロットが、
        憧れのお姉さん、
        クリスだと知って
        驚愕する。

        ラストのバーニィの
        ビデオレターが泣けます。

        戦争とは、時に
        隣同士の人同士が
        殺し合う現実も
        あるんだよという事を
        知らされた作品。

        今の動き回る
        アクションシーンが多い、
        アナザーガンダムも
        面白いですが、
        とても感動する本作。
        ぜひお勧めです^^

         

        にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
        にほんブログ村

        0






           
          「星の屑」





          成就のために!





          ジオンよ!





          私は帰ってきた!!





          ☆映画





          機動戦士ガンダム





          0083





          ジオンの残光






          (動画)0083を

          5分くらいでまとめてみた


          OVAシリーズ
          『機動戦士ガンダム0083
          スターダストメモリー』を
          劇場公開用に
          再編集した作品。

          ジオン再興を目指す
          アナベル・ガトー少佐は、
          連邦軍の基地に潜り込んで
          試作ガンダム2号機を
          奪取する。連邦軍
          コウ・ウラキ少尉は
          ガトーを倒し、
          デラーズ・フリートが目論む
          「コロニー落とし」を
          阻止できるのか?


          皆さん、こんにちは!

          マリータです。

          訪問ありがとうございます。


          今回は、機動戦士
          ガンダムシリーズでも、
          屈指の名作と言われる、
          映画を紹介したいと思います。


          タイトルは、

          機動戦士ガンダム

          0083 ジオンの残光


          もはや、有名な
          作品なので、
          説明の必要は
          無いのだろうけど、
          この作品の
          見どころと言えば、
          前半戦のガンダム
          試作1号機と、
          試作2号機の戦い。
          ガンダム同士が
          ぶつかり合う、
          迫力ある映像が
          魅力的ですが、
          後半のコロニー
          落下阻止限界点で、
          衝突する、主人公の
          コウが操縦する
          ガンダム試作三号機、
          デンドロビウムの
          初登場には、度肝を
          抜かされました!
          ジオンのエース、
          ガトーの操縦する
          ノイエジールとの
          死闘も迫力あります。


          概要

          (wiki様を参考にしますね。)

          『0080』の商業的成功を
          受けて製作された
          『機動戦士ガンダム』の
          外伝的OVAの一つ。

          作品タイトルの「0083」
          とは宇宙世紀0083年を指し、
          『機動戦士ガンダム』の
          宇宙世紀0079年と、
          当時すでに放映済みであった
          『機動戦士Ζガンダム』の
          宇宙世紀0087年の間の
          出来事として描かれ、
          両作品間の空白を
          埋める設定となっている。
          OVAリリースの途中で
          再編集による劇場版の
          製作が決定し、
          シリーズ後半では、
          大画面に耐え得る
          素材とするために、
          映像のクオリティが
          更に上げられた。

          ビデオ・LD・DVDを
          合わせた全巻累計出荷は
          105万本に達している。
          さらにガンダム史上
          最も多くオリコン1位を
          獲得した作品である。

          またガンダム史上唯一、
          オリコンのビデオ、LD、
          DVDのそれぞれの
          チャートで1位を
          取った作品でもある。


          物語

          一年戦争が終結して3年、
          地球連邦軍再建計画に
          基づきガンダム開発計画が
          提唱され、その試作機
          であるガンダム試作1号機、
          ガンダム試作2号機が
          性能テストのために
          オーストラリアの
          トリントン基地に
          搬入される。

          しかし、エギーユ・
          デラーズ率いる
          ジオン軍の残党
          「デラーズ・フリート」が
          この情報をつかんでおり、
          極秘作戦「星の屑作戦」
          実施に先立って、
          核兵器を搭載した
          ガンダム試作2号機を
          強奪せんと基地を襲撃する。

          かつて「ソロモンの悪夢」と
          呼ばれたジオン
          軍エースパイロット、
          アナベル・ガトーは、
          基地の混乱に乗じて
          首尾よくガンダム
          試作2号機を強奪した。

          脱出を図る2号機の前に、
          連邦軍新米テスト
          パイロット、
          コウ・ウラキが
          乗り込んだガンダム
          試作1号機が立ち
          はだかるも、
          歴戦の戦士である
          ガトーにあっさりと
          あしらわれ、コウは
          「まだ未熟」と屈辱的な
          言葉を投げかけられる。

          かくして2号機は
          朝靄の彼方に消え去り、
          コウを含むテスト
          パイロット達は、
          ガンダムを搬入した
          ペガサス級強襲揚陸艦
          「アルビオン」の
          乗組員に任命され、
          試作1号機のデータ収集、
          および2号機の追撃・
          奪還任務に就く。

          補充隊員としてやってきた
          「不死身の第4小隊」の
          ベルナルド・モンシア
          との衝突、砂漠で
          ジオン残党を率いる
          ノイエン・ビッター
          との戦い、月面で
          再起を期してヴァル・
          ヴァロを整備していた
          ケリィ・レズナーとの
          出会いと決闘、
          そして上官の
          サウス・バニングの死など、
          様々な事件や
          ライバルとの戦いを経て、
          コウは戦士として
          少しずつ成長していき、
          ガンダム開発計画の
          エンジニア、
          ニナ・パープルトン
          とも心を通わせる。

          やがて、試作2号機の
          攻撃目標が、
          コンペイ島(旧ソロモン)
          宙域にて開催される、
          地球連邦軍艦隊の
          観艦式の式場で
          あることが判明する。
          コウは試作1号機
          フルバーニアンで
          追撃するが時すでに遅く、
          彼の目の前で艦隊の
          大半が核の焔に
          呑み込まれて消滅した。

          怒りに燃えるコウと
          ガトーの一騎打ちの末、
          1号機と2号機は
          相打ちとなり爆散。
          アルビオンはその
          任務を果たせぬまま
          事態は終息するかに思えた。

          だが、ガトーらの
          真の狙いは、移送中の
          スペースコロニーの
          1基を奪って地球に
          落下させるコロニー
          落としにあった。

          アルビオン隊は、
          アナハイム・
          エレクトロニクス社が
          ドック艦ラビアンローズで
          テストを行っていた
          ガンダム試作3号機を
          強引に受領し、
          連邦軍上層部の命令に
          逆らって作戦阻止に動く。

          その影ではシーマ・
          ガラハウが暗躍し、
          デラーズの身柄を
          手土産に連邦への
          寝返りを画策していた。

          さらにコウは、かつて
          ニナがガトーの恋人で
          あったという事実を
          知ってしまう。

          連邦軍の腐敗、
          ニナの過去、
          めまぐるしく
          変化する状況に
          翻弄させられたコウは、
          やり場のない怒りとともに、
          実直にジオンの理想に
          殉じようとする
          ガトーとの
          最終決戦に臨む。


          ☆☆☆

          ロボットアニメの金字塔、
          ガンダム。もはや
          ロボットと言えば、
          ガンダムと言われるくらい、
          有名な作品。

          そんなガンダムの中でも、
          屈指の名作と言われる
          0083。この数字は、
          ガンダムの世界の
          時代の年号を表わしており、
          宇宙世紀と言われる。
          初代ガンダムの時に
          起きたジオンの
          独立戦争終戦から、
          三年後が舞台。

          先にテレビ版で、
          ガンダムの正当なる
          二作目のZガンダムが
          放送されていたのですが、
          その間をつなぎ合わせる
          物語となってます。

          地球連邦軍が、
          ガンダム開発計画を
          提唱し、その試作機
          であるガンダム試作1号機、
          ガンダム試作2号機が
          性能テストのために
          オーストラリアの
          基地に搬入される。

          しかし、エギーユ・
          デラーズ率いる
          ジオン軍の残党
          「デラーズ・フリート」が
          この情報をつかんでおり、
          極秘作戦「星の屑作戦」
          実施に先立って、
          核兵器を搭載した
          ガンダム試作2号機を
          強奪せんと基地を襲撃する

          ジオンのエース
          パイロット、
          ガトーにより、
          核弾頭を搭載した
          ガンダム試作二号機が
          強奪された。

          若きパイロットコウは、
          戦いの中で、喜んだり、
          エンジニアのニナとの
          心を通わせたりし、
          苦悩を経験して、
          エースパイロットとして、
          成長していく。
          核弾頭が撃たれ、
          1号機と、2号機の相撃ちに
          至るまでの展開は、
          特に見ものです。

          地球連邦上層部の腐敗や、
          デラーズ・フリート内でも、
          シーマのように、
          地球連邦に内通してる
          人物がいるなど、
          単純な善悪二元論ではない、
          人間ドラマが描かれる。

          物語後半は、地球に
          スペースコロニー落下が始まる。
          大質量のコロニーが、
          地球の重量に引かれない
          ポイントである、阻止限界点へ
          最新型のガンダム試作3号機
          デンドロビウムで出撃する。

          後半は、地球にコロニーが落下
          するまでのタイムリミットの元、
          コウが超巨大な最新型のガンダムで、
          画面を動き回るシーンは
          迫力があります。

          物語終盤は、地球連邦の
          不祥事隠しのため、
          ガンダム開発計画そのものが
          抹消され、主人公コウの罪状も
          消滅した。後のZガンダムの
          時代初期の機体性能を上回るという
          矛盾を解消している。

          Zガンダムのティターンズの台頭を
          予感させる終わり方が、
          とても上手いなと感じた。

          後半のデンドロビウムと、
          ノイエジールのバトルが、
          ものすごく迫力があります。
          ジオンのエース、ガトーの
          生きざまもなかなかかっこいい!
          人間ドラマ、メカニックを
          とっても、凄い名作に
          仕上がってる作品の一つで、
          ぜひお勧めです^^

           

          にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
          にほんブログ村

          0
            JUGEMテーマ:VOCALOIDシリーズ






            時は21世紀☆


            21世紀のガンダム☆


            世代を超えて戦う


            物語☆


            機動戦士ガンダムAGE




            (動画)機動戦士ガンダムAGE

            皆さんお疲れ様です☆

            マリータです♪

            訪問ありがとうございます^^


            時代は21世紀!

            未来の世界を生きてる!

            iphoneや、ボカロの電子音声の発展、
            自分jは今の時代に生まれて
            きてよかったと思いました!

            EVA03

            EVA00、02

            ロボットの進化は、
            目を見張るものがありますね。
            そのうち大きなロボットも
            出来たらいいなって思うこの頃。

            今回は、ロボットアニメの金字塔
            ガンダムシリーズの最新作が
            テレビアニメ化されるので、
            そのことについて、
            書きたいと思います。

            ガンダムシリーズは、

            1979年に富野監督が生み出した、

            ロボットアニメ。



            単純な善悪二元論の世界に、
            リアルな人間関係を組み込んだり、
            モビルスーツと呼ばれる、
            ロボットの設定もリアルで、
            斬新な内容で、
            当時は受けなかったそうですが、
            劇場版が公開され、
            人気が急上昇したそうです。

            Z(ゼータ)ガンダムや、
            ガンダムZZ(ダブルゼータ)が
            放送され、その後は、
            多くの派生ガンダム、
            パラレルワールドが製作され、
            シリーズ化し、世代を超えて、
            愛される作品になった。

            そんな長く続くガンダムシリーズの
            最新作が放送されて、
            多くの話題になってます^^


            機動戦士ガンダムAGE


            ストーリー

            人類が宇宙に進出して

            数百年が経過した未来の地球。

            A.G.(Advanced Generation)

            101年に突如襲来した
            謎の敵アンノウン・エネミー
            (Unknown Enemy=UE)に
            よって多くのスペースコロニーが
            破壊され、UEと地球連邦軍の戦いは
            終わることなく続いていた。

            この戦いで母親を亡くした少年
            フリット・アスノは、
            死に際の母親から託された
            AGEデバイスのデータを元に、
            最強のMS(モビルスーツ)
            「ガンダムAGE-1」を開発。

            このガンダムはフリットの
            息子アセム・アスノ、
            孫のキオ・アスノに代々受け継がれ、
            UEとの100年以上に渡る死闘を
            演じることとなる。

            テレビを観ての感想は、
            子供向けっぽいなって思ったのですが、
            ガンダムと銘打った作品なので、
            終盤までの展開を楽しみにしてるところです。


            注目すべき新シリーズのテーマは、

            子供と、孫の三世代に

            受け継がれるほどの

            長い戦いを描くこと。

            ここに自分は注目しました。

            1クール(12話完結)アニメばかりの

            世の中ですが、久しぶりに4クールで

            放送される。

            1話だけ観た感想は、
            ちゃちなガンダムだなって思ったのですが、
            そこだけで評価するのはよくないので、
            頑張って全話見ようと思いました!

            世代交代をするそうで、
            密度が濃い作品が出来そうで
            すごい楽しみです♪


            ここからはおまけ☆


            時間のある方は読んでみてね^^

            個人的に好きなガンダム作品☆

            ガンダムシリーズで

            いまでも根強い有名な作品は、

            やはりZガンダム☆


            新たな戦乱を巻き起こした

            黒いガンダム!

            その時、

            ゼータの鼓動が

            こだまする!

            君は時の涙を見る。

            Zガンダムイラスト02

            Zガンダムイラスト03

            ガンダムシリーズの正当なる続編。
            玩具化を前提とした、
            可変モビルスーツ
            Zガンダムのシンプルなフォルムは、
            いまだなお色あせない人気。

            Zガンダムイラスト01

            ファーストのヒーローアムロと、
            敵の赤い彗星シャアが共闘する事で、
            混乱を招いた。

            人間関係が複雑に絡み、
            三つ巴になったり、
            政治的な要素が絡み、
            分かりにくいとの批判も出たそうです。

            ラストで、主人公の少年、
            カミーユが精神崩壊を起こし、
            多くの議論が巻き起こった。



            (動画)水の星へ愛をこめて

            森口博子 − ガンダム関連2曲

            ガンダムシリーズの

            主題歌といえば、この人!

            1985年にテレビシリーズで放映された、
            ガンダムシリーズでも、
            人気の高い正当なる後継作、
            Z(ゼータ)ガンダムの主題歌は、
            森口博子さんが歌う。

            「水の星へ愛をこめて」

            ガンダムF91でも主題歌を歌い、
            いまだにカラオケでも根強い人気です^^


            機動戦士ガンダムZZ

            シャングリラの少年の

            一途な想い、

            それが戦場を揺さぶった!

            アニメじゃない本当のことさ☆

            100412Z、ZZクロニクル

            ZZガンダムイラスト01



            (動画)「機動戦士ガンダムZZ」OP2

            「サイレントヴォイス」

            前作ゼータガンダムの続編で、
            前作があまりにも暗すぎるので、
            続編として製作された。
            前作から引きずってる、
            ネオジオンの宰相、
            ハマーン・カーン
            との決着を描く。

            主人公は孤児の14歳の少年、
            ジュドー・アーシタ。

            生活費を稼ぐために、
            仲間とジャンク屋営む。
            敵のパイロット、
            ヤザンにそそのかされ、
            前作の戦争で傷ついた
            巡洋艦アーガマに、
            ゼータガンダムを
            盗みに行く。
            偶然ながら、ゼータガンダムを
            動かして敵を撃破する。

            アムロから、歴代の
            ガンダムパイロットを
            見て来たブライト艦長は、
            ジュドーにニュータイプの素質が
            ある事を見抜き、アーガマの
            クルーにする。
            妹のリィナがさらわれたり、
            強化人間の少女、
            エルピー・プルに出会い、
            ジュドーは、人間的に成長していく。

            見事な合体変形!

            その名は、ダブルゼータガンダム!

            三機の戦闘機が、

            合体して、巨大ロボット、

            ダブルゼータに変形するのは、

            お見事!

            クインマンサ&FAガンダム

            終盤、ギレン・ザビの血を引くと
            うわさされてるグレミーが離反し、
            アクシズ軍は事実上分裂。
            ハマーンとジュドーの決着も迫力あります^^


            ニューガンダムは

            伊達じゃない!

            機動戦士ガンダム

            逆襲のシャア



            (動画)νガンダム礼賛

            前作ダブルゼータから4年後のお話。
            初代ガンダムで15歳の少年だった
            アムロも29歳になり、
            一回り年下のチェーンにも
            慕われるほどに。

            赤い彗星シャアも34歳。
            すっかり大人の風格を漂わせる。

            ゼータガンダムで
            行方不明になったシャアが、
            新生ネオジオンを率いて、
            地球連邦に宣戦布告。

            小惑星アクシズ落としを決行し、
            地球完全冷凍化を目論む。

            それを阻止するべく、
            ロンドベル隊に所属する、
            エースパイロット、アムロは、
            ガンダムの正当なる後継機、
            RX-93νガンダムを駆使し、
            シャアのサザビーとの、
            激しい死闘を繰り広げる。
            遠隔武器、ファンネル同士、
            ぶつかり合う肉弾戦、
            迫力のモビルスーツバトル!

            ラストの敵味方関係なく、
            アクシズ落下から守ろうとする描写は
            感動します!

            シャアの真意も分かるので、
            一概にシャアが悪人ではないと思えます。


            機動新世紀ガンダムX


            大きな戦争が終わり、

            荒野だけが残り

            焼け野原を逞しく

            生きる少年ガロードが、

            神秘的な女の子ティファと出会い、

            ガンダムの強大な力と共に

            時代を切り開いて行く。



            (動画)機動新世紀 

            ガンダム X エックス 世界観

            大きな戦争が終わり、
            荒野だけが残り
            焼け野原を逞しく
            生きる少年ガロードが、
            神秘的な女の子ティファと出会い、
            ガンダムの強大な力と共に
            時代を切り開いて行く。

            主役機ガンダムXは、
            月面基地から送信される、
            マイクロウェーブを
            受信する事により、
            破壊的な威力を持つ、
            「サテライトキャノン」を
            搭載している。
            過去の戦争で、多くのコロニーを
            落とした悲劇の兵器。

            バルチャーと呼ばれる
            モビルスーツ乗りも多数いる世界。
            フリーデンの艦長ジャミルは、
            15年前に世界を戦火に陥れた、
            地球連邦のエース、
            ジャミル・ニートであった。
            ニュータイプによる、
            悲劇を二度と起こさないために、
            ニュータイプを保護している。

            主役機ガンダムに初めて、
            血塗られた過去が背負わされた
            作品でもあります。



            (動画)「機動新世紀ガンダムX」OP2

            「Resolution」

            後半の主役機ガンダムダブルエックスは、
            「サテライトキャノン」を二機搭載!

            地球連邦の新型で、
            世界を滅ぼすガンダムのはずだったが、
            ガロードたちの手に渡り、
            皮肉にも世界を救うガンダムになった。

            15年前、艦長のジャミルが少年時代に乗っていた、
            ガンダムXを改修し改造を施したもの。


            機動戦士ガンダムSEED

            SEED DESTINY

            それでも僕は!

            守りたい世界が

            あるんだ!!

            今の混迷した

            時代だからこそ

            非戦を訴えるアニメ

            機動戦士

            ガンダムSEED

            神の領域☆遺伝子操作



            (動画)ガンダムSEED FREEDOM

            今や、ロボットアニメの金字塔、
            ガンダムシリーズ。
            ガンダムシリーズの見どころは、
            迫力あるモビルスーツ戦。

            最強のコーディネーター、
            キラ・ヤマトが搭乗する、
            無敵の強さを誇る、
            ニュートロンジャマー
            キャンセラー搭載の、
            核エンジン搭載MSの
            フリーダムガンダム。

            戦場に登場すると、単機で

            戦況が一変するほどの強さを誇る。

            観てて爽快感があります☆

            フリーダム!キラ様最強!

            中盤からDESTINYの、

            ストライクフリーダムに変わります☆

            ガンプラが欲しくなりますね^^

            21世紀最初に作られた、
            ガンダムシリーズが、
            ガンダムSEEDである。

            毎日放送制作により、TBS系列で
            2002年10月5日から2003年9月27日まで
            全50話が放送された。
            またMBS・TBSのみ2003年10月から
            2004年9月まで再放送された。

            2004年東京国際アニメフェアで

            アニメーションオブザイヤーと

            テレビ部門の優秀作品賞の

            2冠を受賞している。

            また、角川書店発行「月刊ニュータイプ」

            2006年9月号の

            「最新最強ベストアニメ100」では、

            続編の『機動戦士ガンダム

            SEED DESTINY』と

            共に第1位に選ばれた。

            本作はサンライズ第9スタジオが制作。

            「新しい世代に向けた、

            新たなスタンダードとなりうるガンダム」

            「新世紀(21世紀)のファーストガンダム」

            「原点回帰」を目指して制作された。

            ガンダムシリーズでは

            初めてデジタル製作による

            VTR映像のTVシリーズである。

            ☆群を抜いた人気シリーズ☆

            その名は、

            機動戦士ガンダムSEED

            21世紀のファーストガンダムとして、

            銘打たれたガンダムシリーズ。

            2002年から一年間、

            テレビで放送されたアニメ。

            未だに根強い人気を誇る本作。

            平井久司さんデザインの
            キャラクターの設定、
            人気声優さんの採用、
            かっこいいデザインのガンダムや、
            画面を動きまくるロボットのカメラワーク、
            非戦を訴えるテーマで、
            シリーズ中でも、
            群を抜いた人気を誇る。

            映画化のうわさも絶えないほど。

            遺伝子操作している
            優秀な人間の集まりである、
            宇宙のプラントに住む、
            コーディネーター達を「ザフト」と、
            地球に住む、遺伝子操作をしてない一般の
            人々が住む地球の人々を、
            「ナチュラル」との戦いを描く。

            キラとアスランの

            ダブルヒーロー制の採用により、

            見方側や、敵側に

            感情移入出来る物語構成。

            昔の友だちと、
            今の友だちとの間で悩む、
            主人公のキラの、
            心の葛藤が見どころ。

            大人の男であるザフト地球軍の
            バルトフェルトとの
            出会いにより、
            戦う意味を考えるキラ。

            キラの旧友であるアスラン。
            軍人としての任務中、
            地球の中立国家、オーブのお姫様、
            カガリ・ユラ・アスハとの出会い、
            戦う意味を考えます。

            婚約者であるラクス・クラインによって、
            本当に戦うのは、何のためか?
            アスランは問われることになります。

            起承転結もきちんと作られてて、
            名作のひとつだと思います。


            機動戦士ガンダム00

            混迷する世界に、

            ソレスタルビーイングが

            舞い降りた☆

            機動戦士ガンダムダブルオー

            23世紀の地球

            GNドライブ搭載型

            超兵器ガンダムが投入

            ガンダム00 ミッションコンプリート



            (動画)Gundam 00 - Exia

            舞台は、

            今から300年後の地球。

            23世紀。


            実際の大陸は、現実世界と同じ。
            宇宙へのアクセスは、
            地上より伸びる軌道エレベーターから、
            いけるようになってます。

            世界情勢は、

            今では当たり前に使われてる、

            ガソリンなどの

            化石燃料が枯渇した世界。

            300年後の世界・・・

            戦争、内紛、テロ行為、
            悪政による支配、
            その時代になっても、
            人は争いをやめずに、
            戦い続けていた。
            そんな人類を争いの無い
            世の中に導くために、
            主人公たちが所属するレジスタンス、
            「ソレスタルビーイング」が、
            「戦争根絶のために武力介入」
            という矛盾をはらみながら、
            主人公たち4人のガンダムマイスターが、
            戦いに身を投じる。

            世界を混乱に巻き込みながらも、
            その先の平和を信じて・・・
            自分が想像してた未来よりも
            現実味はあると思います。
            人の心に欲望がある限り、
            争いは消えないかもしれない。

            ガンダムダブルオーは
            二期放送され、
            一期が25話構成。
            二期も含めると、50話。
            一期目は、一日2話づつ観ていけば、
            一か月で見れますね☆
            後は、根気と継続力の問題かな?
            一期目は群像劇のような感じで
            展開していくけど、
            二期目は人物にスポットが
            当てられてるように感じます^^

            イノベイターと呼ばれる、
            超越した存在も登場し、
            物語は波乱に満ちてます。

            一期目の後半、
            トリニティーと呼ばれる、
            赤いGN粒子が特徴の、
            謎の三機のガンダムも登場し、

            超兵器ガンダムの

            エネルギーの源である、

            GNドライブの秘密が何者かによって

            世界各国に漏れ、

            世界中はさらに混乱に極める。

            各国は疑似GNドライブを

            搭載する

            ジンクスを投入する。

            それにより、

            ガンダムの戦力的

            優位性は失われてしまう。

            (謎のマイスター、
            トリニティーが乗る、ガンダムスローネと、
            傭兵サーシェスの戦いとかが迫力あります。
            後半はソレスタルビーイングの首謀者などが、
            システムに潜入したり、
            主人公たちが危機に陥ったりして、面白い。)

            終盤、オリジナルのガンダムには、
            トランザムシステムと呼ばれる、
            ブースト機能が搭載されている。



            (動画)Gundam Exia -
             
            Trans Am System


            ダブルオー、
            世間では、意見が
            分かれてるみたいですね。
            今の若い世代の意見と、
            過去からのガンダムユーザーで。

            今の中高生の方は、
            キャラ萌えで好きな人が
            多いみたいですね^^
            もっと、大きくなったら、
            改めて、物語を見直して
            ほしいなって思います^^

            昔からのガンダムシリーズが好きな人は、
            いまいち受け入れられない人も多いみたいですが、
            多くのスタッフが気持ちを込めて作ってるので、
            自分はいいところを探したいと考えてます。

            語りすぎると長くなるので、
            ここまでです(笑)

            アニメでも、ここまで
            細かく設定を決め、
            戦争の意味を考えなおさせるのは、
            とても良い事だと思います^^

            これからのガンダムシリーズが
            楽しみです♪

            にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
            にほんブログ村

            0
              JUGEMテーマ:ガンダム(宇宙世紀シリーズ)




              セシリー!!


              百合の花なんだよ!


              家族の絆とは?


              巡り会いはそう


              奇跡なの☆


              20年目の


              機動戦士ガンダムF91







              (動画)映画「機動戦士ガンダムF91」

              劇場予告HD


              皆さんお疲れ様です。

              マリータです。

              訪問ありがとうございます!


              大型連休に入りましたね!
              この連休なので、
              好きな作品を見直すことも
              ありだと思います☆

              今回はガンダムの映画で20周年目を

              迎える、「機動戦士ガンダムF91」を

              紹介しようと思います☆


              平成ガンダムでは当たり前の、
              ビームシールド、
              背中のヴェスバーなども、
              メカデザインとして、
              初めて採用されている☆

              ☆物語☆

              『機動戦士ガンダム』の時代から40年以上、
              『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の時代からは
              約30年経った宇宙世紀0123年が舞台である。


              大きな戦乱も無く平和な世界、
              人類はその大半が地球から月までの
              軌道に設置されたスペースコロニーに移住し、
              地球連邦政府という国家の枠組みを超えた
              全地球規模の組織に統治されていた。


              しかし、長引く平和の間に
              地球連邦政府は再び腐敗しており、
              これに対しマイッツァー・ロナは
              「人の上に立つべき者は、
              人々の規範となるような高貴な
              精神を持つ者でなければならない」
              とする思想「コスモ貴族主義」を掲げ、
              地球連邦政府の打倒と理想とする
              貴族主義社会の実現のために、
              秘密裏に軍事組織
              クロスボーン・バンガード(C・V)を
              設立していた。

              宇宙世紀0123年3月、一族の鉄仮面、
              ドレル・ロナに率いられた部隊は、
              スペースコロニー
              「フロンティアIV」を急襲する。
               街を覆う戦火と混乱と容赦ない死の中で、
              民間人の少年 シーブック・アノーは
              襲撃から避難するために、
              友人達とともにコロニーを脱出するが、
              同行していた内の一人
              セシリー・フェアチャイルドはC・Vに
              連れ去られてしまう。
              セシリーの素顔はマイッツァーの
              生き別れの孫娘ベラ・ロナだった。

              シーブック達は近隣のコロニー
              「フロンティアI」に辿り着き、
              地球連邦軍の宇宙練習艦スペース・アークに
              保護される。艦内にはF91と名付けられた
              整備中のMS(モビルスーツ)があった。

              一方、C・Vに占領されたフロンティアIVでは
              コスモ貴族主義の実現のための
              国家「コスモ・バビロニア」の
              建国が宣言され、
              セシリーはコスモ・バビロニアの象徴として
              祭り上げられることになる。

              そして、F91に乗って
              反攻するシーブックと、
              専用MSビギナ・ギナを
              与えられたセシリーは、戦場で対峙する。

              元々はTVシリーズの企画であり、
              『機動戦士ガンダム』の劇場公開10周年に合わせて、
              そのTVシリーズ用の構想の1クール分にあたる
              ストーリーを劇場用に映像化したものが本作である。

              時代設定は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の
              30年後であり、それまでのシリーズに
              登場した人物はまったく登場しない。
              本作の公開当時まで、映像化されたガンダムは
              『逆襲のシャア』でストップしており、
              ガンダムブランドは当時映像化されていたSDガンダムで
              守られていた時期で、
              新たな時代と人物による新シリーズの立ち上げを
              目指して製作された。

              「ニュータイプ」に関しては、
              前作のシャア対アムロの対決で
              一応のけりがついたとされ、
              作品発表に際し本作の物語の主題は
              「家族論」であると富野は述べた。

              ☆☆☆

              ガンダムシリーズの監督は、
              富野監督ですが、
              近年のガンダムシリーズの監督は、
              原作は、富野監督ですが、
              作品としての監督は、
              別な方が製作しているので、
              いろんな世界観が表現されてます。

              今年でちょうど20周年目ということで、
              機動戦士ガンダムF91を紹介したいです。

              ☆家族をテーマにした本作☆

              主人公のシーブックは、
              工学部に所属する17歳の少年。
              妹のリィズと父親と暮らす。
              母親は、ガンダムのメカニックの
              バイオコンピューターの開発に携わるため、
              小さい頃に家を出て行ったきりだった。
              学際で楽しいある日、
              コロニーにクロスボーンバンガードという、
              宇宙海賊がロボットで、襲撃をしかけ、
              みんな戦火から逃げ戸惑い、ドサクサ紛れに、
              新型のガンダムF91に搭乗することになる。
              その際、学園のアイドル的存在のセシリーとは、
              別れてしまうが、彼女は、
              クロスボーンバンガードのロナ家お姫様、
              ベラ・ロナだったのだ。
              彼女の父、カロッゾ・ロナは、
              強化人間として、強化され、
              鉄仮面をかぶり、増えすぎた人類を
              粛清するための計画、
              「コスモバビロニア計画」を、
              実行していこうとする。
              そんなカロッゾを嫌い、
              奥さんは家を出て行く。
              娘も、カロッゾが仮面をとらずに
              接したり、頑固なところを嫌う。

              いつまでも分かってくれない、
              カロッゾ・ロナと、
              ガンダムF91開発してるビデオに
              映し出してる、シーブックの母親の暗号を、
              あっさりと理解した、妹のリィズ。
              対象的な家族の表現も面白い。

              暗号を解読したことにより、
              これにより、サナリィの新型ガンダムF91は
              稼動する!


              主人公のシーブックと、

              ヒロインのセシリーの

              家族関係を比べると面白い☆

              ラスト、宇宙空間に投げ出された
              ヒロインのセシリーをガンダムF91の
              バイオコンピューターで感度反応で、
              感じろっていうくだりも感動しました^^

              家族って、たまたまそこに生まれてくるので、
              親は子を選べないし、子も親を選べないですね。

              兄弟も、他人の始まりと聞きます。
              世の中には、悲しい家族もありますね。
              そういうことを改めて考えさせてくれる、
              そんな作品だと思いました!

              お時間のある方は
              是非観てみてくださいね!

              おまけ☆



              (動画)森口博子さん

              ガンダム関連2曲


              ガンダムシリーズの

              主題歌といえば、この人!


              1985年にテレビシリーズで放映された、
              ガンダムシリーズでも、
              人気の高い正当なる後継作、
              Z(ゼータ)ガンダムの主題歌は、
              森口博子さんが歌う。

              「水の星へ愛をこめて」

              今回紹介してる、
              ガンダムF91でも主題歌を歌い、
              いまだにカラオケでも根強い人気です^^



              (動画)君を見つめて

              ガンダムF91は、本来は、
              企画書に「F91の続編は絶対に制作します」と
              記されていたが、企画されていたはずの
              TVシリーズは制作されなかった。
              その理由については、
              本作の興行成績が思わしくなかったためで
              あるという説もある。

              また、サンライズがバンダイに
              身売りする過渡期の作品という事情も存在する。
              本作のその後は富野原作による
              漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』
              である程度描かれている。

              この歌は、イメージソングとして、
              根強い人気を誇る隠れた名曲☆

              ガンダムはシリーズとして、
              30年目を迎え、
              常に新作で、
              新たなファンを獲得してるので、
              すごいなって思います!
              0


                それでも僕は!


                守りたい世界が


                あるんだ!!


                今の混迷した


                時代だからこそ


                非戦を訴えるアニメ


                機動戦士


                ガンダムSEED


                神の領域☆遺伝子操作



                (動画)ガンダムSEED FREEDOM

                今や、ロボットアニメの金字塔、
                ガンダムシリーズ。
                ガンダムシリーズの見どころは、
                迫力あるモビルスーツ戦。

                最強のコーディネーター、
                キラ・ヤマトが搭乗する、
                無敵の強さを誇る、
                ニュートロンジャマー
                キャンセラー搭載の、
                核エンジン搭載MSの
                フリーダムガンダム。

                戦場に登場すると、単機で
                戦況が一変するほどの強さを誇る。

                観てて爽快感があります☆

                フリーダム!キラ様最強!

                中盤からDESTINYの、

                ストライクフリーダムに変わります☆

                ガンプラが欲しくなりますね^^

                21世紀最初に作られた、
                ガンダムシリーズが、
                ガンダムSEEDである。


                アニメレビュー


                機動戦士


                ガンダムSEED



                (動画)Gundam SEED Believe

                有名アーティストさんによる

                ワンクールごとに変わる主題歌が

                見ものの一つ☆

                皆さんお疲れ様です。

                マリータです。

                訪問ありがとうございます。

                今回は、知人と、
                ガンダムSEEDの話になったので、
                久しぶりに観てみたら、
                とても感動したので、
                製作者たちの方に敬意を表して、
                ガンダムSEEDを紹介したいと思います。

                ☆概要☆

                (wiki様より参考にします。)

                毎日放送制作により、TBS系列で
                2002年10月5日から2003年9月27日まで
                全50話が放送された。
                またMBS・TBSのみ2003年10月から
                2004年9月まで再放送された。

                2004年東京国際アニメフェアで

                アニメーションオブザイヤーと


                テレビ部門の優秀作品賞の


                2冠を受賞している。

                また、角川書店発行「月刊ニュータイプ」

                2006年9月号の

                「最新最強ベストアニメ100」では、

                続編の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』と

                共に第1位に選ばれた。

                本作はサンライズ第9スタジオが制作。

                「新しい世代に向けた、

                新たなスタンダードとなりうるガンダム」

                「新世紀(21世紀)のファーストガンダム」

                「原点回帰」を目指して制作された。

                ガンダムシリーズでは

                初めてデジタル製作による

                VTR映像のTVシリーズである。


                ☆群を抜いた人気シリーズ☆

                その名は、

                機動戦士ガンダムSEED

                21世紀のファーストガンダムとして、

                銘打たれたガンダムシリーズ。

                2002年から一年間、

                テレビで放送されたアニメ。

                未だに根強い人気を誇る本作。

                平井久司さんデザインの
                キャラクターの設定、
                人気声優さんの採用、
                かっこいいデザインのガンダムや、
                画面を動きまくるロボットのカメラワーク、
                非戦を訴えるテーマで、
                シリーズ中でも、
                群を抜いた人気を誇る。

                映画化のうわさも絶えないほど。

                遺伝子操作している
                優秀な人間の集まりである、
                宇宙のプラントに住む、
                コーディネーター達を「ザフト」と、
                地球に住む、遺伝子操作をしてない一般の
                人々が住む地球の人々を、
                「ナチュラル」との戦いを描く。

                キラとアスランの

                ダブルヒーロー制の採用により、

                見方側や、敵側に

                感情移入出来る物語構成。

                昔の友だちと、
                今の友だちとの間で悩む、
                主人公のキラの、
                心の葛藤が見どころ。

                大人の男であるザフト地球軍の
                バルトフェルトとの
                出会いにより、
                戦う意味を考えるキラ。

                キラの旧友であるアスラン。
                軍人としての任務中、
                地球の中立国家、オーブのお姫様、
                カガリ・ユラ・アスハとの出会い、
                戦う意味を考えます。

                婚約者であるラクス・クラインによって、
                本当に戦うのは、何のためか?
                アスランは問われることになります。

                起承転結もきちんと作られてて、
                名作のひとつだと思います。

                物語の紹介☆

                (wiki様より参考にしました。)

                下記の赤字は面倒な方は、

                読み飛ばされてもいいですよ☆

                コズミック・イラ(C.E)15年、
                万能の天才として世界中から注目された
                ジョージ・グレンが自分が
                遺伝子操作された人間であることを告白。

                同時に製造方法を公開したことで、
                世界中で遺伝子操作された
                新人類『コーディネイター』が誕生した。

                各国で遺伝子操作は法律上禁止されたが、
                子に優れた能力を与えようとする
                親は減ることはなく、
                彼らは徐々に増えていった。

                しかし、遺伝子操作されていない
                通常の人類『ナチュラル』は
                彼らの優れた能力に対し嫉妬・恐怖を抱き始めた。

                迫害を恐れたコーディネイター達は、
                スペースコロニーで政府『プラント』、
                軍隊『ザフト(Z.A.F.T.)』を組織した。

                C.E.70、プラントと地球側との交渉の席で
                起こった爆破テロを切っ掛けに、
                地球上のほぼ全ての国家が加盟し創設された
                『地球連合』はプラントに宣戦布告。

                農業用コロニー・ユニウスセブンに核が撃ち込まれ、
                24万名以上にも及ぶ死者が出た。
                プラントは核攻撃を封じるため、
                核分裂を抑止するニュートロンジャマー(NJ)を
                地球上に散布。結果、核だけでなく、
                原子力発電も行えなくなったことによって
                地球上は深刻なエネルギー不足に陥り、
                飢餓や災害によって数億人の死者が出た。
                これにより双方の反感情はピークに達し、
                戦争は激化した。

                NJの影響で通信やレーダーが
                使用不可能になったことで、
                既存の兵器は弱体化。
                物量で勝る連合の勝利で終わると
                予想されていた戦争は、
                プラントが開発した
                人型機動兵器モビルスーツ(MS)の
                登場によって拮抗し、11ヶ月が経過した。

                C.E.71、工学を専攻する
                コーディネイターの少年キラ・ヤマトは、
                中立国オーブの資源衛星ヘリオポリスで
                平和に暮らしていた。

                しかし、このコロニー内では
                連合による5機のMSの開発が
                極秘裏に行われており、
                それを知ったプラントはMS奪取のため
                部隊を送り込んできた。
                日常は一変しコロニーは戦場へと変わり果てた。
                キラは逃げ惑う内にMS工場へとたどり着き、
                ザフト部隊と鉢合わせしてしまう。

                そして部隊の中には
                幼少の頃別れた親友アスラン・ザラがいた。

                思わぬ形で親友と再会した
                アスラン・ザラは、
                戸惑いながらもイージスを奪取。
                キラは居合わせた連合の士官マリューに
                促されるまま、残された機体ストライクに
                搭乗し脱出を図る。待ち構えていたザフトとの
                戦闘に巻き込まれるが、
                そのまま敵を撃破してしまう。

                キラは無事脱出していた友人達と再会するが、
                戦闘はまだ続いていた。
                ストライクはキラにしか扱えないことから、
                マリューはコロニー脱出のため彼に出撃を要請、
                キラも友人達を守るため、
                否応なくストライクに搭乗するのだった。

                ☆感想および、見どころ!

                (ネタばれもあるので、

                内容を知りたくない方は、

                読まないことをお勧めします!)

                この世界は、核融合反応が、
                無効化された世界。
                ニュートロンジャマーキャンセラーの
                存在により、(核反応を抑える技術)
                地球上の通信、原発などが無力化。

                そのため、近接戦闘である人型兵器の
                開発が有効だと考え、
                中立国オーブの資源衛星ヘリオポリス内で、
                密かに開発されていた4機のガンダム。

                そのガンダムを、
                コーディネーター側の、
                ザフトのクルーゼ隊が
                奪取するところから物語は始まる。

                クルーゼ隊のアスランは、
                戦場で幼馴染みの少年、
                キラ・ヤマトに出会う。


                遺伝子操作された

                選ばれた人種

                コーディネーター

                コーディネーターであるキラだが、
                泣いたりして、弱さを見せたり、
                敵であり、旧友アスランと、
                新しい友人の間で悩むキラ。
                そういうところも
                視聴者の共感を得た作品。

                キラに立ちはだかる、大人の男

                アンドリュー・バルトフェルト

                ザフトの地球圏アフリカ戦線の隊長で
                「砂漠のトラ」との異名を名乗る、
                アンドリュー・バルトフェルトの存在。

                中盤の下りで、地球に降りることになった、
                キラ達アークエンジェルのクルー。
                そこで、アンドリュー・バルトフェルトに
                戦う意味を問われることになる。

                「戦争はどうやって終わらせる?

                敵であるものを全て滅ぼしてかね?」

                ファーストガンダムのランバラルや、
                エウレカセブンのチャールズさんなど、
                主人公に問いかける大人の男の存在は、
                物語をよりドラマチックに彩りを
                加えることになり、

                視聴者にも問いかける表現は、

                上手いなって思います。

                勇気を与える存在、

                オーブのお姫様、

                カガリ・ユラ・アスハの存在☆

                地球の中立国のオーブのお姫様。

                キラの旧友である、
                アスランの軍人としての任務中、
                地球の中立国家、オーブのお姫様、
                カガリ・ユラ・アスハと出会う。

                物語中盤、キラとアスランは、
                お互い憎しみあい、
                ガンダム同士で戦います。
                アスランが自爆し、
                キラは死亡したと思われますが・・・

                その後、オーブが
                アスランを保護し、
                病院でカガリと面会します。
                彼女は、キラを殺したアスランに問いかけ、

                殺したから、殺して、

                撃たれたから、撃って

                本当に戦いが終わるのか?


                アスランの考え方が

                徐々に変わっていきます。

                同じ時期、キラは倒れてるところを、
                ザフトの歌姫、
                ラクス・クラインに保護されます。

                彼女も、この戦いに疑問を感じてる、
                コーディネーターの一人でした。

                キラは、戦う意味を考え、
                敵の歌姫であるラクスから、
                新たな剣、最強のマシン
                「フリーダムガンダム」を与えられます。

                この事件により、ラクス親子は、

                秘密裏に開発されてた、

                ガンダムを強奪した

                反逆者にさせられます。

                アスランの父、ザラ議長は、ザフトのトップ。
                父親は、地球のナチュラルを
                全て滅ぼせば終わるというが?

                アスランは強奪された、
                「フリーダム」を奪取するべく、
                新たなガンダム、「ジャスティス」に乗る。

                地球上では、ザフトの
                「オペレーションスピットブレイク」の
                発動で、地球連合はピンチに陥りますが、
                それは連合側の作戦で、
                その場の全ては、兵器で消滅させる作戦だった。

                アークエンジェルはおとりにされるが、
                キラのフリーダムの登場により、
                戦況は一変します。

                一斉掃射して敵を砲撃する、

                フリーダムガンダムは、

                鬼神のごとく強さを発揮します。


                ココが中盤の見どころですね!

                アークエンジェルは、

                地球軍との決別を決め、

                遊撃隊のような存在になります。

                マリューと、ナタル、

                フレイも別れることになる。


                神の領域、


                遺伝子工学☆


                選ばれた人間のみが


                生き残る世界で


                いいのか?


                物語終盤、敵のクルーゼ隊長が、
                遺伝子工学について、
                真相を明かすシーンがあり、
                神の領域に、人が踏み入れていいのかな?
                って思いました。

                ブルーコスモスの盟主

                ムルタ・アズラエル

                アークエンジェルの乗務員だった、
                フレイがクルーゼ隊長に貰った、
                世界の扉をあけるカギの入った
                記録端末を見て、
                狂喜するアズラエル。

                世界中に散布された、核を無力化する兵器、
                「ニュートロンジャマー」の機能を無効化する、
                「ニュートロンジャマーキャンセラー」の
                データを手に入れ、
                連合国側に、
                実戦で核爆弾も投入され、
                世界は混迷の方向へ向かう。

                地球連合は、プラント
                (スペースコロニー)を
                核爆弾で砲撃しようとする。

                ザフト軍は
                プラント側のザフト軍の
                衛星兵器「ジェネシス」を
                地球に向けて撃とうとします。

                撃たれる前に撃ては、

                正しいのか?

                そういうことを考えてしまいます。

                様々な死に方の表現


                最終局面で、地球軍のナタルは、
                ブルーコスモスの盟主、
                アズラエルと一緒に、
                死を覚悟する。

                アークエンジェルとの死闘も見ものです。

                「やっぱ俺って!不可能を可能に!」

                最初は、コーディネーターを
                嫌っていたフレイも、クルーゼの乗る、
                プロビデンスガンダムに殺されてしまいます。

                物語終盤アスランの父、
                ザラ議長は、地球に住む、
                コーディネーターを完全に
                消滅させようと、衛星兵器「ジェネシス」を、
                見方が射程範囲にいるにも関わらず、
                撃とうとするが、そんな暴走気味の
                ザラ議長を兵士が殺します。

                息子のアスランは、
                父親と決別し、
                最終局面へ!


                突き付けられた問題☆


                撃たれる前に撃ては、


                正しいのか?


                人間、ある程度権力をもったりすると、
                常に不安感を抱いてしまうかも
                しれないなって思いました。
                今の世の中も、核兵器は常に
                抑止力として持たれてますし、
                世界のどこかで戦争も起きてるからです。
                だからと言って、戦争になれば、
                多くの血が流れますし。


                神の領域、


                遺伝子工学


                遺伝子を操作して、
                他者より優れていている
                存在になることは、
                正しいことなのかな?
                これも近年話題になってますね。
                本来は自然なものなんだろうけど、
                そういう遺伝子レベルで、
                人の体を操作するのは、
                いいことなのかな?って
                考えさせられてしまいます。

                移植で、拒絶反応があるから、
                正常な自分の体と同じ臓器を作り出し、
                移植したりするのは、
                いいことだとは思いますが・・・
                実際は難しいと思う。

                もしも、同じ細胞のもう一人の自分がいたら、
                同じ人間になるとは限らないと思う。
                環境が人の性格を決めることもあるのだ。

                ガンダムSEED、色々と考えさせられるので、
                良かったら「総集編三部作」もリリースされてるので、
                観てくれると嬉しいです^^

                ここまで読んでくれて、
                ありがとうございます!

                サンライズさん、バンダイさん、お疲れ様です☆
                0


                  憎しみ、争いが


                  終わらない時代に


                  ソレスタルビーイングが


                  舞い降りた☆


                  機動戦士ガンダム


                  ダブルオー


                  今から300年後の世界


                  24世紀の地球でも、


                  人類は変わらず


                  争いを続けていた



                  (動画)映画

                  『劇場版 機動戦士ガンダム00

                  -A wakening of the Trailblazer-』

                  予告編

                  2010年9月18日(土)より全国公開

                  躍動感あふれるMS(モビルスーツ)アクションや
                  緊迫感に満ちたドラマ性で人気を集めた
                  「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」の、
                  2度のテレビシリーズを経た初の劇場版。

                  『機動戦士ガンダム F91』以来、
                  約19年ぶりの完全新作ストーリーとなる今作では、
                  テレビシリーズ放映終了から2年後の世界を舞台に、
                  主人公たちの最後の戦いを描く。
                  監督は、テレビシリーズを手掛けた
                  水島精二さんが続投。

                  謎が明らかになる完結編として

                  期待が高まる。

                  配給:松竹

                  オフィシャルサイト←クリック☆


                  (C) 創通・サンライズ・毎日放送

                  ガンダム00 ミッションコンプリート

                  角川書店より発売中の、

                  機動戦士ガンダムダブルオー

                  MISSION COMPLETE

                  2307‐2312ミッションコンプリート

                  価格1600円(税別)

                  ダブルオーをこれから観ようという方には、
                  お勧めの一冊☆

                  各エピソードごとに物語を解説し、
                  人間関係も分かりやすい。

                  監督などのインタビューも掲載されてるし、
                  物語が理解できる一冊。

                  今は、レンタルで二期まで観れるので、
                  劇場公開を観るために、
                  勉強になるかもしれません^^

                  時間がない方は、
                  三つの総集編でも
                  勉強になると思う。

                  混迷する世界へ、


                  メッセージを


                  投げかけた作品


                  ガンダムダブルオー


                  皆さんお疲れ様です♪

                  マリータです。

                  訪問ありがとうございます☆

                  今回は、日本のアニメーションを
                  代表する、ロボットアニメ、
                  ガンダムシリーズの新作劇場版、
                  ガンダムダブルオーが、
                  劇場公開されたので、
                  ガンダムダブルオーのアニメを
                  紹介したいと思います。

                  ロボットの進化は、人間のために、
                  大きな恩恵を受けてますね。
                  SFに登場するロボットまでとは行かなくても、
                  自動車とか、便利な機械まで出てきて、
                  人間の暮らしには、必要不可欠な存在と
                  なってきました。
                  それに伴いエネルギーも
                  必要とされるわけで・・・

                  ガンダムシリーズの完全新作としては、
                  ガンダムF91以来、19年ぶりだとか。

                  ガンダムダブルオーの舞台は、
                  今から300年後の24世紀の地球。

                  舞台となる世界は、現実世界と同じ。
                  ヨーロッパがあり、アメリカあり、
                  中国があり、アフリカがある。

                  宇宙へのアクセスは、
                  地上より伸びる、
                  軌道エレベーターが開発されて、
                  自由に行き来できる時代になり、
                  太陽光パネルが開発され、
                  エネルギー問題も改善はされつつあった。

                  世界情勢は、今では当たり前に使われてる、
                  ガソリンなどの化石燃料が枯渇した世界。

                  300年後の世界・・・

                  戦争、内紛、テロ行為、悪政による支配、

                  宗教戦争、民族奮闘、

                  300年後になっても、

                  人は争いをやめずに、

                  戦い続けていた。

                  そんな人類を争いの無い世の中に導くために、
                  主人公たちが所属するレジスタンス、
                  「ソレスタルビーイング」が、
                  「戦争根絶のために武力介入」
                  という矛盾をはらみながら、
                  主人公たち4人のガンダムマイスターが、
                  戦いに身を投じる。

                  この計画を考え出したのは、
                  240年前のイオリアという人物。

                  世界を混乱に巻き込みながらも、
                  その先の平和を信じて・・・
                  主人公達マイスターは戦い続けます。

                  自分が想像してた未来よりも
                  現実味はあると思います。
                  人の心に欲望がある限り、
                  争いは消えないかもしれない。

                  ガンダムダブルオーは
                  二期目まで放送され、
                  一期が25話構成。
                  二期も含めると、全50話。

                  一期目は群像劇のような感じで
                  展開していくけど、
                  二期目は人物にスポットが
                  当てられてるように感じます^^

                  一期目の物語を紹介!

                  一期目の物語は、西暦2307年、
                  AEUによる新型モビルスーツ
                  (以下MSロボットのこと)
                  イナクトの発表会に未確認の機体が現れる。
                  「ガンダム」という名のMSを要する彼らの名は、


                  ソレスタルビーイング。


                  世界から紛争を根絶するために、
                  武力を行使する
                  私設武装集団。

                  イナクトを撃破し、
                  AEUが軌道エレベーター施設内に隠していた
                  条例違反の戦力を露呈させた彼らは、続けて、
                  人革連の軌道エレベーターへの
                  テロ行為を阻止する。

                  さらに、紛争当事者および幇助者に対して
                  武力介入を行うと宣言し、
                  民族紛争の続くセイロン島、タリビアなどを鎮圧。

                  その行為は世の耳目を引き、
                  同時に既存の国家群は反体制勢力として、
                  ソレスタルビーイングへの警戒を強めた。

                  主人公刹那(せつな)たちは、
                  戦いの中、さまざまな出会いを果たす。

                  民間軍事会社と合同軍事演習に
                  対して行われた武力介入。

                  そこで刹那は、赤髪の傭兵、
                  アリー・アル・サーシェスと再会する。

                  彼は刹那が幼少時代に所属していた
                  テロ組織KPSAの元リーダーであり、
                  仲間のロックオンの両親の敵だった。

                  また、国際テロネットワークの
                  制圧ミッションで、
                  刹那は故国の敵、
                  アザディスタンの王女、マリナと出会う。

                  交わらない道を歩みながらも、
                  同じ平和を目指すマリナとの出会いは、
                  後に戦う意味を刹那自身へ問うことになる。

                  一期目の後半、
                  トリニティーと呼ばれる、
                  赤いGN粒子が特徴の、
                  謎の三機のガンダムも登場。

                  この世界でのガンダムの特徴は、
                  群を抜いた機動性、性能だった。
                  それはGNドライブと呼ばれる、
                  高性能なエンジンだった。

                  しかし、超兵器ガンダムのエネルギーの源である、
                  GNドライブの技術が何者かによって
                  世界各国に漏れ、
                  世界中はさらに混乱していく。

                  各国は疑似GNドライブを搭載する
                  ジンクスを投入する。

                  それにより、ガンダムの

                  戦力的優位性は失われてしまう。

                  後半のイメージ動画



                  (動画)Gundam 00 op 1 full

                  (謎のマイスター、トリニティーが乗る、
                  ガンダムスローネ三機と、
                  傭兵サーシェスの戦いとかが後半の見どころ。

                  後半はソレスタルビーイングを
                  乗っ取る首謀者などが、
                  システムに潜入したり、
                  主人公たちが危機に陥ったりして、
                  緊迫感あふれます。)

                  その他、戦いに直接関係が無い、
                  幸せいっぱいに描かれる
                  若いカップル、ルイスとサジの表現も、
                  お見事。

                  ルイスの家族は謎の赤いガンダムによって、
                  結婚式場ごと、戦火の炎に焼かれてしまい、
                  心と、体に傷を負ってしまう。

                  今思えば、この二人は二期目に対する、
                  伏線だったんだなって思いました。

                  主人公達レジスタンスの組織である、
                  ソレスタルビーイングの監視者である、
                  アレハンドロは、
                  240年前から
                  コールドスリープで眠る、
                  計画の首謀者である、
                  イオリアのいる場所へ侵入。
                  システム、「ヴェーダ」を掌握し、
                  自分が世界を操ろうと考えるが?



                  (動画)Gundam 00:

                  Lasse upstages

                  Setsuna vs the Alvatore

                  二期目はさらに4年後のお話。



                  (動画)劇場版 ガンダム00 再生

                  二期目のイメージ動画です♪
                  感動の名場面がよみがえります^^

                  一期目後半、アレハンドロのもとにいた、
                  リボンズという、
                  「イノベイター」と名乗る、
                  人類を超越した存在が世界の裏で暗躍する他、
                  一期目最後に登場した新型のロボット、
                  ダブルオーガンダムのコア、
                  ツインドライブの稼働、
                  および起動。

                  復讐鬼と化したルイスの戦い、
                  優秀な軍人、セルゲイ親子と
                  マリーとアレルヤ。
                  ロックオンとアニューのお話など、
                  一期目が群像劇のような展開に対し、
                  二期目は、よりドラマチックに、
                  人間ドラマが展開。

                  ミスター・ブシドーと呼ばれる、
                  謎の仮面の男も登場し、
                  刹那を苦しめます。

                  後半の下りに、「ブレイクピラー事件」という
                  事件があるのだけど、
                  (宇宙まで伸びるエレベーターが、
                  衛星兵器によって破壊され、
                  地上に破片が落ちて、地上の人類は、
                  落下物によって、被害を受ける事件だが、
                  この時に限っては、敵味方関係なく、
                  破片を狙撃して、被害を最小限に抑えた。)
                  人類は、窮地に陥った時こそ、
                  力を合わせられるんだって事を
                  信じたいなって思いました。



                  (動画)ガンダム00

                  「トランザムバースト」 良画質版

                  後半の名場面☆

                  刹那のダブルオーガンダムが、

                  奇跡を起こします☆

                  劇場版はテレビ版終了後の

                  二年後のお話。

                  今度は、未知のエネルギー体
                  「ELS」との戦い。

                  最終的には、宇宙より飛来する、
                  未知の存在を、世界が一体となって
                  戦い続けるという、
                  規模のデカイ戦いになる。

                  宇宙でのロボットの戦いは、
                  迫力があります!

                  この作品はキャラが歳をとっていくため、

                  心境の変化とかが面白いです。

                  詳しくは劇場へ!

                  物語で思うこと。

                  この物語のテーマは、
                  今の地球規模の戦い。
                  無くならない、民族紛争や、
                  エネルギー資源の問題など、
                  現実味を帯びた、
                  今の時代がテーマになった作品で、
                  300年後に物語は設定されてるけど、
                  人類はいつまでたっても、
                  殺し合いとか無くならないものだろうか?
                  って考えてしまいました。

                  人間は分かりあえるもの?

                  相手を思いやる気持ちとか、
                  少しでもいいから持つことって
                  大事だと思いましたね。

                  日本のアニメの良さは、
                  単純な善悪二元論ではなく、
                  分かりあおうっていうところから
                  始まってるから、素敵だなって思いました。
                  原爆を落とされた国なので、
                  いまいちど、身近なマクロレベルで、
                  人を思いやる気持ちとか、
                  大事だと感じました。

                  ガンダムダブルオー、
                  大ヒット上映中ですので、
                  良かったら、観に行かれて下さいね!

                  エンドロールの後のサプライズも見ものです☆
                   
                  0



                    今も語り継がれる


                    ガンダム伝説☆


                    ニューガンダムは、


                    伊達じゃない!


                    機動戦士ガンダム


                    逆襲のシャア





                    (動画)機動戦士ガンダム

                    等身大ガンダムが静岡で始動


                    2010年7月24日〜2011年1月10日にかけて
                    JR東静岡駅前広場にて、
                    「模型の世界首都静岡ホビーフェア」が
                    開催されます
                    そのガンダムが公開された模様です。

                    バンダイが出展する
                    実物大「機動戦士ガンダム(RX-78)」を展示。

                    昨年お台場で展示した
                    ガンダムからグレードアップし
                    ビームサーベルを新たに装備してます☆


                    今も語り継がれる

                    ガンダムサーガ☆


                    皆さんお疲れ様です♪

                    マリータです。

                    訪問ありがとうございます☆


                    今回は、学生さんが夏休みということで、
                    人気ロボットアニメ☆
                    ガンダムの映画の特集を組みたいと思います。

                    日本は、世界に誇るアニメ大国!
                    静岡で、ガンダムの等身大が公開され、
                    大きな話題になってます!

                    あとは、社会現象を引き起こした
                    エヴァンゲリオンの等身大計画も
                    行われたとか!

                    今回紹介するのは、

                    機動戦士ガンダム


                    逆襲のシャア



                    夏は、色んな事も有りますが、
                    日本は原爆を投下された唯一の国ですよね。
                    そんなこともあり、今回のテーマの映画を
                    紹介したくなりました。
                    今から22年前に公開された映画で、
                    自分はリアル世代ではないので、
                    観に行ってないのですが、
                    いまだに色あせない設定、
                    ロボットのぶつかり合いなど、
                    迫力があります。

                    去年ガンダムシリーズが30周年ということで、
                    リバイバル上映があったので、
                    観に行きました☆

                    スクリーンで観るガンダムの主人公である、
                    アムロと、そのライバル、シャア。
                    未だに、キャンペーンなどや
                    根強い人気を誇る本作。

                    アムロとシャア、
                    永遠のライバルの
                    二人の最終決戦。

                    ガンダムシリーズの歴史は、
                    つながってるので、
                    一応最初から観た方が、
                    楽しめますけど、
                    若干時代の流れを
                    把握してれば、本作は、
                    楽しめる内容となってるので、
                    未見の方は、ぜひ観てほしいです!




                    (動画)機動戦士ガンダム

                    逆襲のシャア

                    劇場予告編CM

                    1988年劇場公開!



                    物語


                    (wiki様を参考にしますね☆)

                    宇宙世紀0093年。
                    かつてジオン公国軍の
                    エース・パイロットであり、
                    ジオン共和国創始者
                    ジオン・ズム・ダイクンの息子である
                    シャア・アズナブル
                    (キャスバル・レム・ダイクン)は
                    幾多の戦いを経て人類に対する失望を強め、
                    その腐敗の根源たる地球連邦政府に対し
                    ネオ・ジオンを率いて反乱の狼煙を上げた。

                    彼は地球環境を汚染し続ける
                    アースノイドを粛清するため、
                    小惑星5thルナの落下による
                    地球寒冷化を実施する。

                    かつての一年戦争の英雄で
                    元ホワイトベース艦長ブライト・ノアを
                    中心に構成する連邦軍独立部隊ロンド・ベルは、
                    いち早くネオ・ジオンの動向を察知し、
                    地球寒冷化作戦を阻止すべく応戦した。

                    しかし、シャアの最大のライバルで
                    あった連邦きってのエース・パイロット、
                    アムロ・レイらの奮闘虚しく、
                    5thルナはラサにある
                    地球連邦軍総司令部に落下してしまう。

                    ネオ・ジオンはアデナウアー・パラヤを
                    始めとする地球政府高官と
                    密かに裏取引を行い、
                    スペースコロニー・ロンデニオンにて
                    停戦交渉に合意する。

                    停戦に安堵する地球連邦の思惑と裏腹に、
                    シャアは取引によって得た
                    小惑星アクシズを地球に衝突させるべく
                    再び作戦を開始した。

                    そんな時、アムロとシャアは
                    幾度目かの再会を果たし、
                    決定的に決裂するのだった。

                    合意が偽りである事を察していた
                    ロンド・ベルは核ミサイルなどを準備、
                    やがてネオ・ジオンと
                    ロンド・ベルとの間で戦端が開かれる。
                    アムロは自ら開発に加わった
                    新型モビルスーツν(ニュー)ガンダムを操り、
                    ネオ・ジオンのエースを
                    相手にしながらアクシズを目指す。

                    一方、アクシズを内部から爆破して
                    軌道を逸らすロンド・ベルの作戦は
                    成功するかに見えたが、
                    アクシズの一部は
                    既に地球の引力に捉われていた。

                    壮絶な一騎打ちの末に
                    シャアを下したアムロは、
                    自分の命に代えても
                    アクシズ落下を阻止する決意を固める。


                    ☆☆☆

                    ガンダムが30周年を迎え、
                    去年は、お台場、
                    今年は、静岡で公開された
                    等身大ガンダム!
                    かなり話題になってますね!
                    次は大阪でしょうか?
                    ぜひ福岡にも来てほしいところ!
                    香椎浜辺りがベストかも(笑)

                    日本のアニメは、設定が細かく、
                    ロボットも玩具化を前提とは言え、
                    プラモデルの再現度も
                    かなりリアルで、凄いなって思いました!

                    劇場版第二弾のDVDが発売され、
                    パチンコでも有名なエヴァンゲリオンも、
                    山梨の富士急ハイランドで、
                    等身大の胸像が作られたみたいで、
                    夏休み、多くのお客さんで
                    にぎわってるみたいだ!

                    おまけ☆



                    (動画)エヴァンゲリオン初号機

                    富士急ハイランドで始動


                    エヴァンゲリオン新劇場版の

                    特集はこちら!←クリック☆


                    さて、自分は遠くていけないので、
                    久々に逆襲のシャアのDVDを観てみたら、
                    アニメーションとは言え、22年も前に、
                    色んなテーマを詰め込んだ本作は、
                    すごいなって思いました。

                    テーマは、世界平和、

                    地球への贖罪☆

                    地球に小惑星アクシズが落下!


                    逆襲のシャアが公開された、
                    1988年と言えば、ちょうど、
                    最悪の原発事故、
                    チェルノブイリ原発が爆発し、
                    放射能汚染事故が起きた直後で、
                    バブルの真っ盛りだと聞きました。
                    まだまだ湾岸戦争が
                    起きてなかった時代に、
                    このような作品を描くのは
                    すごいことだなって
                    思いましたね。

                    シャアは人類に絶望しているので、
                    地球には、しばらく休んでもらうため、
                    隕石落としを決行し、寒冷化作戦を始めます。

                    最後、シャアが本心を語るのですが、
                    彼の考えは、大きな愛というか、
                    地球を壊し続ける人間こそ、
                    邪魔な存在と気が付きます。
                    確かに、政治家とか、
                    おのれの保身のために働く、
                    自分勝手な人間が増え続けている世の中。
                    いっその事全て滅ぼしてしまっても
                    いいかもしれないと思うこともありますね。

                    けど、それでは生きてる人もいるので、
                    アムロが阻止しようと、動きます!

                    ☆敵のロボットの

                    パイロットのセリフ☆

                    地球が駄目になるか、

                    ならないかなんだ。

                    やってみる価値は

                    ありますぜ!


                    最後は、隕石を敵味方関係なく
                    防ごうとする描写は、
                    すごく感動してしまいます。
                    泣けてしまった。




                    (動画)逆襲のシャアMAD

                    「Versus」


                    迫力ある編集の動画です!

                    逆襲のシャア、
                    未見の方は、ぜひ、
                    観てほしいなって思います!

                    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
                    無料ブログ作成サービス JUGEM

                    ezカウンター
                    サプライチェーンローン比較東京 社会保険労務士債券高校生バイトウェディング高収入バイトマイ単車ドットコム査定グッド.comユーズド単車.com
                    にほんブログ村 イラストブログへ
                    にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
                    にほんブログ村 にほんブログ村 アニメ・漫画タッチ ☆マリータ日記掲示板 background: url1616BBS 無料レンタル掲示板no-repeat left top; background-position:0px ; } 初音ミク