0

     

     

     

     

     

     

     

     

    ネット社会。

     

     

     

    無料の時代だけど?

     

     

     

    画像の転用問題。

     

     


    皆さん、こんにちは!

     

    マリータです。

     

    訪問ありがとうございます。

     

    今回も最近感じたことを
    書きたいと思います。

     

    気になった記事を
    ピックアップ☆

     

    まとめサイトの盗用、

     

    ある“浴衣画像”

     

    探してみると…

     

    「盗まれすぎて

     

    収拾つかない」事態に

     

    ←クリック☆

     

    あるまとめサイトで、
    女性の浴衣の着付けの
    画像の転載で、
    問題となっているようです。
    大元のネタがわからない記事が
    多数あるようです。
    確かにネット上で
    自由に画像をコピーできるので、
    切り貼りして記事を
    作ることもできますね。

     

    今の時代、スマホの普及により、
    誰でもネットで情報を
    アップできるので、
    こういう問題が
    発生したのかも
    しれませんね。
    しかしこういう自由な
    投稿がネットを活性化したことも
    事実であるとは思う。

     

    公に公開する場合は、
    せめて所有者に連絡、
    引用元の掲載を
    きちんとするべきだと
    思いましたね。

     

    あるいは、オープンにせずに、
    なじみのある仲間同士のみに
    とどまるべきだと思いましたね。

     

    ☆☆☆

     

    最近聴いた曲で、

     

    良かった曲は?

     

     

    (動画)モーニング娘。'16

     

    『ムキダシで向き合って』

     

    (MORNING MUSUME ‘

     

    16[Confront With Bare

     

    Nakedness])(Promotion Edit)

     

    にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
    にほんブログ村

    0

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      女子高生の

       

       


      冗談で、

       

       


      信用金庫で

       

       


      取り付け騒ぎ

       

       


       

       

      豊川信用金庫事件

       

       


      皆さん、こんにちは!

       

      マリータです。

       

      訪問ありがとうございます。

       

      今回は今から41年前の今日、
      起きた伝言ゲーム式の
      噂で信用金庫に
      取りつけ騒ぎが
      発生した日で、
      デマがパニックを
      引き起こすまでの
      過程が判明した
      めずらしい事例のため、
      心理学などでも使われるようだ。

       

      以下はwiki様を参考にしますね。

       

      豊川信用金庫事件
      (とよかわしんよう
      きんこじけん)は、
      1973年12月、
      愛知県宝飯郡小坂井町
      (現・豊川市)を中心に
      「豊川信用金庫が倒産する」
      という噂(デマ)から
      取り付け騒ぎが発生し、
      短期間に約26億円もの
      預貯金が引き出された事件。

       

      概要

       

      警察が信用毀損業務妨害
      として捜査を行った結果、
      女子高生の雑談を
      きっかけとした
      自然発生的な流言が
      原因であることが判明。
      デマがパニックを
      引き起こすまでの
      詳細な過程が解明された
      珍しい事例であるため、
      心理学や社会学の
      教材になることも多い。

       

      1973年12月8日(土)、
      下校中の飯田線車内で、
      豊川信用金庫に就職が
      決まった女子高校生Aを、
      友人B・Cが「信用金庫は
      危ないよ」とからかう。
      この発言は同信金の
      経営状態を指したものではなく、
      「信用金庫は強盗が
      入ることがあるので危険」
      の意味で、それすら
      冗談であったが
      Aは真に受けた。
      その夜、Aから
      「信用金庫は危ないのか?」
      と尋ねられた親戚Dは、
      信用金庫を豊川信金だと
      判断して同信金本店の
      近くに住む親戚Eに
      「豊川信金は危ないのか?」
      と電話で問い合わせた。

       

      9日(日)、Eは美容院のFに、
      「豊川信金は
      危ないらしい」と話した。

       

      10日(月)、Fが親戚Gに
      この話をした際、
      居合わせたクリーニング業
      Hの耳に入り、
      彼の妻Iに伝わる。

       

      11日(火)、小坂井町の
      主婦らの間で豊川信金の
      噂が話題となり、
      通りがかりの住民の耳
      にも入る。この頃、
      噂は「豊川信金は
      危ない」と断定調になる。
          


      12日(水)、街の至るところで、
      豊川信金の噂の
      話題が持ちきりとなる。

       

      13日(木)、Hの店で
      電話を借りたJが
      「豊川信金から120万円おろせ」と
      電話の相手に指示した。
      Jは噂を全く知らず、
      ただ仕事の支払いで
      金を下ろす指示を
      しただけだったが、
      これを聞いたIは同信金が
      倒産するので預金を
      おろそうとしていると
      勘違いし、慌てて
      同信金から180万円をおろした。
      その後、H・Iは知人に
      この話を喧伝、これを聞いた
      アマチュア無線愛好家が、
      無線を用いて噂を
      広範囲に広める。
      この後、同信金窓口に
      殺到した預金者59人により
      約5000万円が引き出される。
      同信金小坂井支店に
      客を運んだタクシー運転手の
      証言によると、昼頃に
      乗せた客は「同信金が
      危ないらしい」、
      14:30の客は「危ない」、
      16:30頃の客は「潰れる」、
      夜の客は「明日はもう
      あそこのシャッターは
      上がるまい」と時間が
      経つにつれて噂は誇張されていく。

       

      14日(金)、事態の収拾のため、
      同信金が出した声明が
      曲解され、パニックに
      拍車が掛かる。その後、
      「職員の使い込みが原因」、
      「理事長が自殺」という
      二次デマが発生し、
      事態は深刻化する。

       

      信金側の依頼を受け、
      マスコミ各社は14日の
      夕方から15日朝にかけて、
      デマであることを報道し
      騒動の沈静化を図る
      (新聞の見出し:
      「デマ、5000人を走らせる」・
      「デマで取り付け騒ぎ」)。

       

      15日(土)、大蔵省
      東海財務局長と
      日本銀行名古屋支店長が
      連名で同信金の
      経営保障をする。
      自殺したと噂された
      理事長自らが窓口対応に
      立ったことも奏功し、
      事態は沈静化に向かう。

       

      16日(日)、警察が
      デマの伝播ルートを
      解明し、発表する。

       

      事態がパニックに発展した要因

       

      こうして伝言ゲーム式に
      デマが形成され、
      事態がパニックに
      発展した理由として、
      次のような要因が存在した。

       

      事件が発生した1973年当時、
      10月にはトイレット
      ペーパー騒動が発生するなど、
      オイルショックによる
      不景気という
      社会不安が存在し、
      デマが流れやすい下地があった。

       

      口コミで情報が
      伝わるうちに、
      情報が変容した。

       

      事件の7年前の1966年、
      小坂井町の隣の豊橋市の
      金融機関が倒産するという
      事件があり、出資者の
      手元に出資金がほとんど
      戻ってこないという
      大きな被害を与えていた。
      デマの伝播経路の中の
      クリーニング業のHも
      この7年前の倒産被害者で
      あったため、善意で周囲の
      人間にデマを広めてしまった。

       

      こうした背景をもつ
      Hの目の前で、Jが大金を
      おろすよう妻に指示したため、
      デマがリアリティを獲得し、
      パニックの引き金となった。

       

      狭い地域社会の中で、
      「交差ネットワークに
      よる二度聞き効果」
      (別々の人から同じ
      情報を聞くことで、
      それに信憑性があるものと
      思い込んで
      しまう現象)が発生した。

       

      このような結果、
      事態は大きく
      悪化することになった。

       

      日本では、この事件より前の
      1971年に成立した預金保険法で、
      預金保険機構の
      裏付けのもと、
      100万円まで(当時)の
      ペイオフ(預金保護)制度が
      施行されていたのであるが、
      一般への認知度が十分でなく、
      少数の預金保護制度を
      知っていて渦中に
      預金をしに来た人も居たものの、
      大方の預金者はパニックに
      流されてしまう結果となった。

       

      ☆☆☆

       

      豊川信用金庫事件。
      今となっては面白い
      感じで聞かされますが、
      当事者たちにとっては、
      やはり恐れている事態だと思う。
      女子高生の冗談が、
      ここまで大きな事態に
      なるとは、凄いなと
      思いました。
      事実が分からないとはいえ、
      同じ事実を、別の人から
      聞くと、やはり本当なのかと
      思ってしまいますね。

       

      情報を見極める目を
      養いたいですね。

       

      ☆☆☆

       

      最近聴いた曲で、

       

      良かった曲は?

       

       

      (動画)CHiCO with HoneyWorks

       

      『世界は恋に落ちている』

       

      にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
      にほんブログ村

      0

        JUGEMテーマ:☆150字以上のつぶやき☆

         

         

         

         

         

         

         

         

        小2の一人娘

         

         


        残して…

         

         


        犠牲の夫婦、

         

         


        知人ら涙

         

         


        福岡の事故

         

         


        皆さん、こんにちは!

         

        マリータです。

         

        訪問ありがとうございます。

         

        今回も最近感じたことを
        書きたいと思います。

         

        12月3日の土曜日の夕方。
        福岡市の病院で、
        惨劇は起こった。
        普通の事故なら
        注目しなかったけど、
        残された人が、
        あまりにも残酷だったので。

         

        タクシーが病院に突っ込んで
        3人死亡したようです。
        そのうちの二人は、
        一人娘をかわいがる、
        仲の良い夫婦だった。
        そしてもう一人は、
        その夫婦と仲の良い
        患者さんで、車いすで
        生活をしていたようです。

         

        子供が「お父さん、お母さん!」
        って泣き叫ぶ話を聞くと、
        目の前で轢かれたのを
        見てしまったのだろう。
        まだまだ両親の保護が
        いる小さな子供なのに、
        とても残酷だと思ってしまった。

         

        事故の原因は、運転手のアクセルと、
        ブレーキの踏み間違いだったそうです。
        ハンドルを握るときは、
        常に命を預かってることを
        意識しなければならないと、
        思いましたね。

         

        小2の一人娘残して…

         

        犠牲の夫婦、知人ら涙

         

        福岡の事故

         

        ←クリック


        ☆☆☆

         

        最近聴いた曲で、

         

        良かった曲は?

         

         

        (動画)バスケットワーム -

         

        GUMI

         

        にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
        にほんブログ村

        0

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          歌手ASKA逮捕。

           

           

           

          タクシー車内映像の

           

           


          報道の違法性

           

           

           

           

          皆さん、こんにちは!

           

          マリータです。

           

          訪問ありがとうございます。

           

          今回も最近感じたことを
          書きたいと思います。

           

          気になったニュースを
          ピックアップ☆
          歌手のASKAがまた
          麻薬で逮捕された。
          麻薬はダメだが、
          タクシー会社が
          プライバシーを考えずに、
          メディアにASKA容疑者の映像を
          提供し、社会問題になっている。
          今の社会、どこに行っても
          スマホを始め、カメラ
          ばかりなので、みんな
          該当するなって思いましたね。
          倫理観を考えさせられますね。

           

          問題提起は悪くないですね。
          このことにメディアは、
          きちんと考えて欲しいなと
          思いましたね。

           

          ☆☆☆

           

          最近聴いた曲で、

           

          良かった曲は?

           

           

          (動画)可愛くなりたい/

           

          HoneyWorks feat.鎖那(Short Ver.)

           

          にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
          にほんブログ村

          0

            JUGEMテーマ:☆150字以上のつぶやき☆

             

             

             

             

             

             

             

             

            日本で、

             

             


            カジノ解禁☆

             

             


            皆さん、こんにちは!

             

            マリータです。

             

            訪問ありがとうございます。

             

            今回も最近感じたことを
            書きたいと思います。

             

            気になったニュースを
            ピックアップ。
            カジノ法案が
            可決されたようです。
            個人的には、経済を
            活性化させるために、
            とても良い事だなと
            思いましたね。

             

            野党は反対が多いようです。
            ギャンブル中毒なんか
            言われてますが、
            それはないと思います。
            むしろパチンコで
            破産する人のほうが
            多いと聞きます。
            法整備をきちんとして、
            オリンピックまでに
            完成するといいなって
            思いましたね。

             

            ☆☆☆

             

            最近聴いた曲で、

             

            良かった曲は?

             

             

            (動画)┗|∵|┓今好きになる。/

             

            HoneyWorks feat.初音ミク

             

            にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
            にほんブログ村

            0

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              神ってる、

               

               


              本当に

               

               


              流行っている?

               

               


              流行語「大賞」に

               

               


              「初めて聞いた」

               

               


              皆さん、こんにちは!

               

              マリータです。

               

              訪問ありがとうございます。

               

              今回も最近感じたことを
              書きたいと思います。

               

              毎年年末になると、
              今年はやった流行語が
              発表されます。
              今年の大賞は、
              「神ってる」だったそうです。
              25年ぶりにリーグ優勝を果たした
              広島東洋カープの監督の
              インタビューのセリフだった。
              大賞だったけど、
              流行ってるのか?って、
              考えたとき、どうなんだろう?
              って考えてしまう。
              どう考えても、「ポケモンGO」かな?
              と考えてしまった。
              「保育園落ちた、日本死ね」が
              ランクインするのも、
              疑問ですね。ある意味悪意を感じる。
              「ゲス不倫」が流行語大賞に
              ならなくてよかったです(笑)

               

              こういう話題を聞くと、
              年末だなって実感しますね☆

               

              ☆☆☆

               

              最近聴いた曲で、

               

              良かった曲は?

               

               

              (動画)ラブ&デストロイ -

               

              GUMI / Love & Destroy

               

              GUMI feat . MI8k

               

              にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
              にほんブログ村

              0

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                今年も残り

                 

                 


                あと一か月!

                 

                 


                12月に突入です☆

                 

                 


                皆さん、こんにちは!

                 

                マリータです。

                 

                訪問ありがとうございます。

                 

                今回も最近感じたことを
                書きたいと思います。

                 

                光陰矢のごとし。
                今年も残りあと一か月。
                12月に突入です。

                 

                2016年も残り一か月に
                なりました。
                月日の流れは、
                本当に早いものです。

                 

                時間は不可逆。
                二度と戻らない。

                 

                人間が死ぬときに、
                後悔することがあるのが、
                やって後悔したことよりも、
                やらないことのほうの
                後悔のほうが大きいそうです。

                 

                やり残しのない人生を
                満喫できるように、
                最後まで意識して
                いきたいものですね。

                 

                ☆☆☆

                 

                最近聴いた曲で、

                 

                良かった曲は?

                 

                 

                (動画)もぬけのからだ -

                 

                GUMI / Monuke no Karada -

                 

                GUMI feat. MI8k

                 

                にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
                にほんブログ村

                0

                  JUGEMテーマ:☆150字以上のつぶやき☆

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  【昭和 事件】

                   

                   


                   昭和57年・

                   

                   


                  1982年

                   

                   


                  松山ホステス

                   

                   


                  殺害事件 福田和子

                   

                   


                   

                   

                  【昭和 事件】

                   

                  昭和57年・1982年

                   

                  松山ホステス殺害事件

                   

                  福田和子

                   

                  皆さん、こんにちは!

                   

                  マリータです。

                   

                  訪問ありがとうございます。

                   

                  今回も最近感じたことを
                  書きたいと思います。

                   

                  今回紹介する動画は、
                  戦後日本を震撼させた
                  事件の一つ。
                  自分が小さなころ、
                  警視庁24時系の番組で、
                  よく観た事件の一つだ。

                   

                  松山ホステス殺人事件は、
                  1982年8月愛媛県松山市で
                  発生した事件。

                   

                  犯人は、福田和子。
                  同僚のホステスを殺害し、
                  山中に遺体を埋め、強盗。
                  何度も整形を繰り返し、
                  時効が成立する直前である
                  15年もの間、逃げ続けた。
                  時効成立直前の
                  逮捕劇による幕切れ。

                   

                  殺人は許されないが、
                  生い立ちは哀れだと
                  感じました。

                   

                  昭和を震撼させた事件の一つですね。

                   

                  以下はwiki様を参考にします。

                   

                  ☆☆☆

                   

                  1982年8月19日に愛媛県松山市のマンションで
                  ホステス(当時31歳)が元同僚の
                  ホステスであった福田和子に殺害され、
                  福田和子とその夫がマンションから
                  家財道具を運び去って逃亡。
                  家財一式が奪われたうえに、
                  遺体が松山市内の山中に遺棄された
                  強盗殺人及び死体遺棄事件である。

                   

                   もともとは被害者に会うために
                  松山に向かったのではなく
                  知人に会うためであったが不在であった。

                   

                  この事件で注目されたのが、
                  犯人の福田和子が整形手術を
                  受けたうえで当時の強盗殺人罪の
                  公訴時効である15年(延長を経て、
                  現在は無期限)直前まで逮捕されず
                  逃亡したことであり、マスコミ報道を
                  見た市民による通報で逮捕されると言う
                  劇的な幕切れを迎えたことであった。

                   

                  事件当時、和子には夫と4人の子がいた。

                   

                  殺害後、夫は和子に自首を勧めたが拒み、
                  夫も死体遺棄の共犯で逮捕された。
                  被害者宅の家財道具は一式、
                  和子が松山市内に借りたアパートに
                  運び込んでいる多くの目撃証言があり、
                  松山東警察署は強殺事件として捜査を開始した。

                   

                  犯行4日後、和子は松山駅から急行列車と
                  宇高連絡船で本州に逃亡、15年にも
                  及ぶ当て所ない逃亡生活を始める。
                  当初の逃走資金は60万円ほどであった。

                   

                  和子は早速、金沢市内で求職するも
                  30歳という年齢から飲食店関係に
                  採用されなかったが、不採用であった
                  スナックに飲みに行き情の深い
                  経営者に採用された。採用2日後、
                  整形手術を受けるため上京した後、
                  店に戻り、そこで市内の和菓子屋の
                  店主と知り合い交際し内縁関係となる。
                  3代続く老舗和菓子屋を切り盛りし、
                  店の売り上げも相当に伸びたという、
                  また親戚と偽り実子を呼び寄せ店で働かせている。

                   

                  3年後、指名手配書が全国に貼られ、
                  和菓子屋の家族も和子の素性を疑い始め通報、
                  店の知人の通夜の手伝い中に
                  金沢中警察署員が斎場に急行したが、
                  それを察知した和子は自転車で逃走し、
                  名古屋市に向かう。市内のラブホテルで
                  住み込みの客室係として採用される。
                  しかし、たまたま名古屋の緑警察署に
                  運転免許の更新に行った同僚が
                  指名手配写真を見て、
                  和子に自首を勧めたため逃亡、
                  市内の別のラブホテルの面接を受けたが、
                  その際、顔写真と、雇用契約の拇印を
                  とられたため1988年5月13日名古屋市から
                  離れ福井市に現れ、求職し住み込みで
                  ホステスをする。1992年大阪市内の
                  売春宿に移るが、すぐに辞める。
                  松山東警察署は、公訴時効が
                  迫ってきていることに焦り始め、
                  手配写真入りのテレフォンカードの配布、
                  肉声の公開、懸賞金100万円という
                  近代警察史上前例のない捜査手法を採用した。

                   

                  公訴時効まで一年の頃には再び
                  福井市の福井駅前のビジネスホテルを
                  定宿にしていた。当時の客室係の談によると、
                  この頃の和子は涙に濡れた枕カバーを
                  頻繁に窓から干していたという。

                  公訴時効直前の大々的なマスコミの特番が、
                  和子が行きつけにしていた福井市内の
                  おでん屋の常連客の目に留まり、
                  立ち寄ってきた和子の指紋のついた
                  ビール瓶を回収され、その後店を
                  出たところで逮捕された。
                  身柄は福井駅から岡山駅まで鉄道、
                  岡山駅からは自動車で
                  松山東警察署に移送された。
                  公訴時効寸前の逮捕と裁判

                   

                  1982年の犯行後、
                  福田和子は東京へ向かい、
                  整形手術で人相を変え、
                  捜査機関からの追及をかわしていた。

                  その後金沢市で生活していることが
                  判明したが、捜査が及ぶ直前に逃亡した。
                  公訴時効成立を直前に迎えた1996年に
                  松山東警察署は逮捕につながる
                  情報を提供した者に対して
                  100万円の報奨金を支払うとした上に、
                  公訴時効直前には女性を整形した
                  病院も400万円の報奨金を出すとして、
                  俄然マスコミの報道が加熱していた。
                  そうした中で、福井市の飲食店から
                  なじみの客が手配者に類似しているとの
                  通報があり、密かに採取した指紋が
                  一致したために1997年7月29日に逮捕した。
                  時効成立まで21日前の逮捕であった。

                   

                  その後、福田は15年ぶりに松山市に
                  身柄を送致されて取調べを受け、
                  1997年8月18日に殺人罪で起訴された。
                  公訴時効成立まで11時間前の起訴であった。

                   

                  2003年11月、最高裁で福田の無期懲役が確定し、
                  服役した。2005年3月、くも膜下出血にて
                  和歌山刑務所で死去。享年58(満57歳没)。

                   

                  ☆☆☆

                  0

                    JUGEMテーマ:☆150字以上のつぶやき☆

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    引っ越し!

                     

                     


                    引っ越し!

                     

                     


                    騒音おばさんの真実

                     

                     


                     

                     

                     

                    (動画)騒音おばさんの真実


                    皆さん、こんにちは!

                     

                    マリータです。

                     

                    訪問ありがとうございます。

                     

                    今回も最近感じたことを
                    書きたいと思います。

                     

                    動画を観ていたら、
                    懐かしい動画を
                    発見しました。

                     

                    皆さんは、10年以上前に
                    ネットで流行った、
                    騒音おばさんを
                    覚えているだろうか?

                     

                    隣の老夫婦に対して、
                    CDラジカセ使用して、
                    大音量で音楽を流したり、
                    布団叩きで大声を張り上げたりと、
                    最初、騒音おばさんを観たときは、
                    なんだか頭のおかしな
                    おばさんがいるなって思った。

                     

                    真相はわかりませんが、
                    実はこのおばさんのほうが、
                    被害者だったという
                    話を聞きました。

                     

                    騒音おばさんの身内は
                    全員障害者であり、
                    子供が亡くなったそうです。

                     

                    隣に住む老夫婦が
                    あとから引っ越してきた。
                    某宗教団体であった老夫婦は、
                    しつこく宗教勧誘した。
                    障害者の身内がいる人などは、
                    格好の標的でもあった。
                    おばさんは豹変し、
                    騒音おばさんとなった。

                     

                    後から考えてみたら、
                    メディアは、老夫婦が録画した
                    騒音おばさんの映像ばかりを
                    流しているなと思った。
                    一方的な意見ばかりを
                    信じるのではなく、
                    もう一方の言い分も
                    きちんと聞くことは
                    大事だなって思いました。


                    以下は、WIKI様より参考にしました☆


                    奈良騒音傷害事件
                    (ならそうおんしょうがいじけん)は、
                    奈良県生駒郡平群町の主婦が
                    約2年半にわたり大音量の音楽を
                    流すなどの方法で騒音を出し続け、
                    それにより近所に住む夫婦を
                    不眠・目眩などで通院させた事件。

                     

                    2005年4月、傷害罪の容疑で
                    奈良県警に逮捕され、
                    2007年最高裁で実刑判決が確定した。
                    騒音を出す現場が被害者夫婦により録画、
                    マスコミ各社に提供され、
                    テレビのワイドショーで主婦が
                    「引っ越し、引っ越し」と
                    大声で叫ぶ様子が何度も流れ、
                    騒音おばさんの名前で有名になった。

                    0

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      戦後最大の

                       

                       


                      詐欺集団

                       

                       


                      豊田商事会長の末路

                       

                       


                      豊田商事会長

                       

                       


                      刺殺事件

                       

                       


                       

                       

                      (動画)殺人生中継!!

                       

                       


                      豊田商事会長刺殺事件

                       

                       

                       

                      皆さん、こんにちは!

                       

                      マリータです。

                       

                      訪問ありがとうございます。

                       

                      今回も最近感じたことを
                      書きたいと思います。

                       

                       


                      バブル崩壊前の日本。
                      今から31年前に起きた、
                      豊田商事会長刺殺事件。
                      メディア前での惨劇。

                       

                      戦後最大の詐欺組織、
                      豊田商事の会長が、
                      テレビの報道陣の前で、
                      公開処刑された。
                      架空の金の売買で、
                      定期預金を
                      移し替える手法で、
                      2000億円も巻き上げた。

                       

                      殺され方はびっくりしましたが、
                      こういう死に方をするのは、
                      仕方ないと思いました。

                       

                      詐欺のビデオテープなどが、
                      その後の詐欺グループの
                      バイブルとなってるようです。

                       

                      うまい話には裏があります。
                      気を付けたいですね。

                       

                      以下はwiki様より参考にしました。

                       

                      概要

                       

                      豊田商事は現物まがい商法による
                      悪徳商法によって被害者数は数万人、
                      被害総額は2000億円の巨大詐欺事件を
                      起こした会社として社会的に注目されていた。

                       

                      1985年6月18日、大阪市北区にあった
                      永野一男豊田商事会長の
                      自宅マンションの玄関前に
                      「今日逮捕」との情報を
                      聞きつけてマスコミ取材班が集まっていた。

                       

                      午後4時30分過ぎ、被害者の
                      元上司に当たる自称右翼の男
                      2人IとYが永野会長の
                      部屋の前に姿を現した。
                      2人は張り込んでいたガードマンに
                      「永野に会わせろ」と要求。
                      連絡を取るためにガードマンが
                      階下に下りた後、2人は元部下の
                      被害者6人から「もう金はええ、
                      永野をぶっ殺してくれ」と
                      頼まれたと報道陣に語った。

                       

                      そして窓の格子を蹴破り、
                      窓ガラスを破って侵入、
                      永野会長の頭部など全身13箇所を
                      銃剣で刺した。当時、
                      永野会長の住んでいた部屋の
                      ドアの前などには大勢の
                      マスコミがいたが、
                      誰も止めようとはしなかった。
                      永野会長は直ちに病院へ運ばれたが、
                      腹部を刺されたのが致命傷となり、
                      出血多量により約45分後の
                      午後5時15分に息を引き取った。
                      この時の永野会長の所持金は
                      わずか711円だった。
                      部屋から出た犯人らは、
                      「警察を呼べ。俺が犯人や。」と
                      報道陣に語り、マンションから
                      出たところで逮捕された。

                       

                      また、逮捕直前にかけつけた
                      警察に対して一部のマスコミが
                      「(犯人を)早く逮捕せいや」
                      などと強い口調で言ったため、
                      犯人が激高しマスコミに
                      襲い掛かるという一幕もあった。

                       

                      また、加害者2人は右翼であるためか、
                      部屋から出てきた直後に
                      皇居の方角に向かって
                      土下座をしていた。
                      さらに、マスコミの質問に答えたあと、
                      エレベーターに乗り、
                      マスコミにタバコを要求した。
                      そして、駆けつけた警察官に現行犯逮捕された。

                       


                      永野会長が惨殺された際の映像
                      (永野会長は室内にいたため
                      殺害そのものの様子は写らなかったが、
                      上記の犯人の侵入の様子および、
                      窓際に置き去りにされた
                      血塗れの永野会長が
                      ストレッチャーで運ばれる
                      様子が映像に残された)は
                      NHKニュースや民放テレビ
                      各局で中継された。

                       

                      この時NHKは「子供には見せないでください」と
                      慌ててアナウンサーが呼びかけた。

                       

                      その後発売された『FOCUS』では、
                      犯人の1人が血塗れで
                      断末魔の形相の永野会長を抱え、
                      もう1人が銃剣を持つ写真が誌面を飾った。

                       

                      読売新聞が読者投票で選ぶ
                      1985年の日本10大ニュースでは、
                      この惨殺事件が日本航空123便
                      墜落事故に次いで第2位に選ばれた。

                       

                      その後の詐欺事件の捜査で、
                      豊田商事が集めた金のほとんどが
                      流用され残っていなかったことが
                      判明するが、最高幹部が死亡したため
                      金の流れに関して解明が難しくなった。
                      結果的に捜査に支障をきたしたため、
                      犯人は関係者に口封じのために
                      殺人を依頼されたのでは
                      ないかといった憶測も流れた。

                       

                      1986年3月12日、大阪地裁でIに対し
                      懲役10年、Yには懲役8年の
                      実刑判決を言い渡された。
                      それぞれが控訴し、
                      1990年、1989年に刑が確定した。

                       

                      その後、犯人の1人は周りにいた
                      マスコミに犯行の示唆教唆が
                      あったとして4度再審請求をしたが、
                      いずれも棄却されている。

                       

                      ☆☆☆

                      (C) 2016 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      ezカウンター
                      サプライチェーンローン比較東京 社会保険労務士債券高校生バイトウェディング高収入バイトマイ単車ドットコム査定グッド.comユーズド単車.com
                      にほんブログ村 イラストブログへ
                      にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
                      にほんブログ村 にほんブログ村 アニメ・漫画タッチ ☆マリータ日記掲示板 background: url1616BBS 無料レンタル掲示板no-repeat left top; background-position:0px ; } 初音ミク